バスケ女子が大会史上初5連覇を達成した若手中心メンバーはだれ

大会史上初5連覇を達成した若手中心メンバーたち。

今回の5連覇を達成したのは、東京オリンピックで銀メダルを獲得した5人を含むメンバーでした。


相手の中郷もほぼ同じメンバー構成でした。

パワーフォワード 馬爪ステファニー 3人制代表
センター 西岡里沙 3人制代表
シューーティイングガード 東藤なな子 東京5輪代表
ポイントガード 永田萌絵 
ポイントガード 山本麻衣 3人制代表
シューティングガード 林咲希 東京五輪代表
ポイントガード 中田珠未
シューティングガード 根元葉瑠乃
スモールフォワード 宮下希保 
スモールフォワード 赤穂ひまわり 東京五輪代表
パワーフォワード オコエ桃仁花 東京五輪代表

以上です。
東京五輪代表5名 3人制代表3名ですね。

赤穂ひまわりさんは、大会MVPに選ばれました。

最初は思うように3ポイントが入りませんでした。
しか市、要所要所で宮崎選手が得点を入れて、積み重ねていきました。

今回は、恩塚ジャパンの船出でもありました。
最高の船出となりましたね。

日本には、まだ東京五輪のメダルメンバーもいますし、今後のさらなる活躍が期待できますね。

次はこちらの記事いかがですか?

赤穂ひまわり(大会史上初5連覇のバスケ女子MVP)の家族構成は?

ワンクリックお願いします

コメントを残す

こちらから,他のトレンドニュースサイトへ
人気ブログランキング