芦田愛菜CM aikoの歌 どうやって6歳の自分と共演したの?

芦田愛菜さんのCM「aikoの歌」が話題になっていますね。

6歳のころの自分と共演しているところが見所ですね。

いったい、これ、どうやって作ったのでしょうか

芦田愛菜 6歳の自分と共演の秘密

動画を見ると、見事に小さな頃の自分が場にピッタリはまっています。

初めは子ども時代のドラマからの合成かなと思って、切り抜いた跡を探したりしていましたが、口とか頭ぴったりあっているし、見事にその場の雰囲気に合ったセリフで、こんなドラマあったのかな、と思ってました。

しかし、実は答えは簡単でした。

実は

6歳の時にもaikoさんのアルバムとコラボしていたんです。

その動画がこちら。

見事に今と同じような設定になっています。

女子生徒たちの恋バナですね。そこに6歳の芦田愛菜さんがいて話に加わっているのです。

これならたしかに場の雰囲気に合った話し方をしていて当たり前ですね。

タマラ、重ねて合成したというのではなく、切り貼りしていたわけです。

カット編集というやつですね。

しかし、本当に6歳の頃の自分がそこにいるようです。

このCMについてのみんなの声は?

このCMについてのみなさんの声をまとめてみました。

泣きそうになった

8年前とリンクしてるのすごい

まなぼう的まとめ

  • はやめに行動しておくと,あとでリンクさせることができるなあ
[st-midasibox title=”芦田愛菜関連記事” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

芦田愛菜が朝の連ドラ「まんぷく」で,全編出演の史上最年少のナレーター。その理由は

芦田愛菜がかわいくなくなったと言われる理由とは

芦田愛菜CM aikoの歌 どうやって6歳の自分と共演したの?

芦田愛菜「海獣の子供」での驚きの成長ぶりとは

清原果耶と芦田愛菜が似ている理由とは

[/st-midasibox]

ワンクリックお願いします

コメントを残す

こちらから,他のトレンドニュースサイトへ
人気ブログランキング