話題

ゆく平成くる令和 カウントダウン in 渋谷 では,サブマシンガンを携行して警備

4月30日の24時で平静が終わり,5月1日の0時から令和の時代が始まります。

全国各地でさまざまなイベントが行われるようですが,カウントダウンイベントも各所で行われますね。

その中でもっとも人が訪れると予想されているのが,例の渋谷です。

平成最後のカウントダウンですから,渋谷民は見逃すはずはないですね。

自粛ムードとは正反対の令和改元

天皇陛下崩御による改元ではなく,生前退位による改元であるから,みなさん新天皇を祝う気持ちでお祝いムードになっています。

しかし,改元は,あくまでも新天皇をお祝いの気持ちでお迎えするもので,お祭り騒ぎをするものではないと古い人間は考えるのです。

 

警視庁の三浦正充警視総監は

「皇位継承の儀式が静かな環境で行われるよう全力を傾注し、水を差す事案を発生させてはならない」

と訓示をしたそうです。

そして,特別警備本部をおき,数千人規模でカウントダウンイベントを警戒するということになっています。

もし,このカウントダウンで,シブハロにおける車の横転騒ぎのようなことばあれば,本当になさけないことです。

お祝いムードで,新元号への改元をみんなで喜ぶのはいいですが,決してシブハロの時のような暴動はおきてほしくないですね。

 

心配なのは,そのお祝いムードによる群集を狙ったテロ。

十分考えられます。

そこで,サブマシンガンを携行する銃器対策部隊も出動するとのことです。

サブマシンガンってなんだ?

それはこのような銃ですね。

 

カウントダウンには興味ないけど,サブマシンガン見てみたいからいく,という人もいるようです。

 

また,ドローンの悪用が懸念されます。

警視庁はジャミングや網などで対策を練っているようですが,そもそもドローンなど飛ばしてほしくないですね。

暴動だけは起きないように!

とにかく,暴動がおきないように祈るばかりです。

また,そんな願いを込めてすぼい回文を作った人もいます。

平成最後の夜。

そして,来るべき令和の世の中。

日本国民こぞって,しずかにお迎えしたいものですね。

sponser

-話題

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.