heder

話題

DaiGoの京アニ被害者実名報道ぶち切れ動画で、報道のあり方が変わるか

投稿日:

DaiGoさんのブチ切れ動画が話題になっていますね。

僕はぼーっとしていたので、実名報道自体は「ああ、実名報道をしないでほしい遺族もいるんだな。それでも公開したんだな」くらいだけで終わっていました。

しかし、DaiGoさんの動画を見て恥ずかしくなりました。

それは、ぼーっと見ていた僕も、報道する側のメンタルを助成しているのと変わらなかったことに気づいたからです。

DaiGoは何を怒っていたのか

DaiGoさんが怒ったのは、遺族を二重に苦しめる報道のあり方そのものでした。

局によっては、被害者の住所まで細かく知らせたところもたったと聞きます。

そうすれば、そこへ「優しい顔をした」記者が押しかけていって、許可も得ずに苦悩する顔や言葉を撮られ、お涙頂戴記事や番組に仕立て上げられる。

そのことによって、身近な人を失った苦しみをさらにほじくられ、二重に苦しまねばならないのです。

DaiGoさんは、人の苦しみを記事にしても受けることしか考えてない酷いやつらだと、普段のDaiGoさんからは考えられないほどの興奮ぶりで怒り、罵倒しています。

やりすぎて謝罪するところも

興奮のあまり、もし遺族に要望があれば、取材に来た記者の名刺を写真で送ってくれれば、じぶんがこの動画でその記者を叩く、120万登録者が味方についている、徹底的に潰すと発言していました。

流石に翌日コメントの中で言い過ぎだったと謝罪していました。

しかし、その失言も含めて、動画はアーカイブされて残されています。

過去最高の再生回数が報道のあり方を変える力になるか?

この動画は、8月27日に公開され、たった4日で447万回再生されています。

これまでのDaiGoさんの最高再生数は、220万回ほどだったということですから、それを大きく塗り替える再生数となりました。

かなり関心が高かったのです。

公開に賛成する人もいます。

それを含めて、公益性に関する公開ということについて、これだけの人が関心を持っているということです。

1億人の中の450万人といえば、5%弱です。

日本人の5%弱が関心を持っていることについて、報道はどう反応するのでしょうか。

DaiGoさんは、今後テレビに出られなくなってもいいといっています。

それだけの覚悟でテレビ局を敵に回したと思っています。

テレビ局はそれをどう受け止めるのでしょうか。

少なくとも、もし、取材先に不快な思いをさせる記者がいたら、ネットで叩かれる時代になったという認識は必要かと思います。

被害者に対する傍若無人な取材は、一度は名刺公開の上叩く、とまで言われているのです。それが是が動画は別として、5%の国民がそういう認識をしたということです。

動画内でDaiGoさんが心理学の成果から根拠を述べて説明していたように、権力を持つものは自分のいうことが正しいと信じ込むので、テレビ局の上層部などは屁とも思わないでしょうが、現場で謝罪する記者たちにはビシビシと突き刺さってくることになるでしょう。

テレビ出演依頼がDaiGoさんにくる

これだけテレビ局を敵に回して、もうテレビに出演できなくてもいいとまで思っていたDaiGoさんに、サンジャポから出演依頼が来たということです。

「いいテレビ局もあるんだな」と動画内で言ってました。

DaiGoさんは、テレビでどんなことを言うのでしょうか。

楽しみなところですね。

この記事もどうぞ

PR




PR




sponser

-話題
-

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.