脱ハンコに向けての方法とは

菅政権になり,脱ハンコへむけていよいよ大きく舵が切られようとしています。

しかし,「自民議連」が,「脱ハンコが行き過ぎた」として二階氏を中心に署名を集めて反抗するのだということが,まあ,いろんな意味で話題になっていますね。

なんで,署名なんだろう・・・

ハンコじゃなくて・・・?

日本のハンコ文化を守れ!という力と、わずらわしいハンコを廃止しろ、という動き。

簡単にはおさまりそうもないんですが、日本の諸事務が脱ハンコになるためには、どんな方法が必要なのでしょうか。

そもそも本当にの書類に押印がいるのか?

もともと、押印は、言った言わないのリスク回避のためのもの。

法律で押印が決められていふもの以外は、必ずしも押す必要はないんだそうですね。

とすると、「これって本当に押印いるのか?」と見直すことが必要になるわけですね。

見直す観点としては、どちらかが「それ、合意したつもりはない」と言った時のリスクが大きいのかどうかというかとになるのでしょうか。

ということは、会社での決済書類などにわざわざ押印するなど全くひつ四つないはずということになります。

でも、それって、ユーザー側とか、社員側が判断できることじゃないですよね。

サービス側、雇用者側、管理側がすることですよね。

彼らががその見直しをやってくれないと、いくらこちらが「押印いらないだろ?」と言っても通らないということになりますね。

脱ハンコの鍵を握る電子署名制度

ワンクリックお願いします

コメントを残す

こちらから,他のトレンドニュースサイトへ
人気ブログランキング