悩み解決

液体ミルクは、もう買える!災害用備蓄品としての需要も

昨年、液体ミルクが解禁になり、一体いつから店頭販売されるのか話題になっていましたね。

東日本大震災から8年目となる昨日、2019年3月11日からいよいよら店頭販売がスタートしました。

江崎グリコの乳児用液体ミルク「アイクレオ」です。

乳児用液体ミルクとは

乳児用液体ミルクとは、母乳の成分に似せた乳製品です。

海外では以前から普及し、一般的な製品だったのですが、日本では、「食品衛生法」や、「健康管理法」により普及していませんでした。

しかし、昨年の法改正でようやく製造解禁されました。

乳児用液体ミルクのメリット

液体ミルクには3つのメリットがあります。

1つは、調乳が不要で育児の苦労が時間的に軽減されること

2つ目は、常温だ6ヶ月は保存可能なこと

そひて3つ目は、男性の育児のハードルを下げるということです。

調乳が不要

粉ミルクは、粉をお湯で溶いてから哺乳瓶に移し、赤ちゃんが飲める温度に調整する「調乳」が必要です。

飲ませられるまでにおよそ10分かかります。

しかし、液体ミルクなら、パックにストローをさし、そこから哺乳瓶に移して飲ませるだけです。

温める必要もありません。

常温で6ヶ月の保存が可能

液体ミルクは、常温で6ヶ月保存できるそうです。

必要な分を買い揃えておくことができるんですね。

ということは、災害用の備蓄品としても使えるというわけですね。

男性の育児の幅を広げられる

以上のようなことから、男性における授乳のハードルが下がります。

調乳なら必要もないし、保存できるので、必要な時にさっと授乳できるからです。

災害用備蓄品としての需要も

液体ミルクは、災害時のための備蓄品としても注目されています。

じつは、このら「アイクレオ」も、開発は2016年から始まっていたのですが、そのきっかけは熊本地震だったのです。

熊本地震の時、災害物資としてフィンランドから液体ミルクが届いたのです。

災害時に弱者となる赤ちゃんには、いつでもミルクを飲ませてあげられる環境が必要です。

そのことがきっかけとなり、開発が始まりました。

東日本大震災の日に店頭発売が開始されたことには、大きな意味があるのです。

お乳が出なくなっても安心

災害時には、パニックやショック、不安などでお乳が出なくなることがあります。

お腹を空かせた赤ちゃんがなく声に、さらにお乳の出が悪くなることも。

その点、液体ミルクが備蓄してあれば大丈夫ですね。

水がでなくても安心

災害時には、ミルクの粉を溶く綺麗な水が得られないことがあります。

実際に、大震災の時には水を得るために、たくさんの苦労をしたのです。

しかし、液体ミルクなら、そのまま哺乳瓶で飲ませることができます。

お母さんと離れ離れになっても大丈夫

災害時には、親子が離れ離れになることがあります。

そんな時、誰かが赤ちゃんにミルクを飲ませてあげなければなりません。

しかし、授乳に慣れていない人が粉ミルクをお湯で溶いて赤ちゃんに飲ませるのは至難の技です。

しかし、液体ミルクが備蓄してあれば、誰でも飲ませてあげることができます。

液体ミルク反対派

このような便利なものが出ると、必ず反対する人が現れます。

反対派の意見としては、子供は苦労して育てるものだ。

親の手抜きだ、という意見が大半のようですね。

反対派に対しての意見

反対派の方に対しては次のような意見が多いようです。

災害時の時の需要が主ですね。

まとめ

液体ミルクのメリットについて、育児負担の軽減と、災害時の備蓄需要という点から述べてみました。

良い製品ですから、普及して欲しいですね。地域の防災備蓄倉庫にも備えて欲しいと思います。

 

sponser

-悩み解決

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.