heder

不祥事

くら寿司、セブン、ファミマ 不適切動画投稿が絶えない理由とは

投稿日:

くら寿司、セブンに引き続き、2月11日、ファミリーマートの店員が不適切動画を投稿していることがわかり、ファミマが謝罪しました。

レジ袋の袋を舐めている動画だそうです。

すでにくら寿司が損害賠償のための法的手続きに入っていることが報道された跡なのに、なぜこのようなバカが跡ををたたないのでしょうか。

その理由を探ってみました。

「目立ちたい」が恐怖を上回っている

店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、現在不適切動画がかなり話題になっており、投稿すれば普段以上に注目を集めやすくなっていることに注目しています。

「注目を集められることが快感になっており、その快感が、将来的に罰を受ける恐怖などを上回っている状況」と言います。

これはわかりやすいですね。

損害賠償に屈しない俺カッコいい

これと、店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、「解雇や損害賠償請求などの話が出る中であえて不適切動画の投稿を行うことで、「そんなことには屈しませんよ」「屈しない俺はカッコいい」となり」と言っています。

これも十分あり得ることだと思います。

完全に顔を晒してますからね。

病気を疑う人も

「これだけ損害賠償請求など出されていて立て続けに報道されているのにそれでもやるというのはもはや病気を疑ってもいいのでは?」という意見もあります。

そんな人も中に入るかもしれませんが可能性は薄いと思いますね。

しかし、病気ならある程度店側も事前に察知できそうなものです。

学習能力のないまったくの幼児

これまでのは実は良い方の解釈であって、現実にはこれかもしれません。

他の人が炎上していても、それがリアルに自分と関係あるということがまったくわからないのです。

他の炎上事案から学ぶことができない想像力のなさこらは、幼児性が伺えます。

自分は関係ないとか、自分ならもっと上手くやるとかそんな程度のことかもしれないんですよね。

いずれにしても、世の中には、こんなのがうようよいるんだということがあからさまにされてしまいました。

コンビニに限らず、客商売でバイトを雇っている人は、教育に励まねばばなりませんね。

まとめ

幼稚で、バカにされているという感覚がなく、英雄だと思っているんですね。

今時の高校生の精神年齢は、昔の7がけと言われています。

18歳なら、0.7倍にするとまだ昔の子供の13にも満たないんですね。

ですから、体だけ大人になっていても頭と心はかなり子供だと思っていなければいけないようです

PR




PR




sponser

-不祥事

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.