話題

ゴーン氏の保釈金10億は高いのか安いのか

ゴーン氏の保釈が認められました。

保釈金は10億です。

保釈金とは

保釈というのは、罪が許されて拘置をとかれるという意味ではなく、裁判中に逃げたり呼び出しに応じなかったりということをしないなら、一定のお金を収めさえすれば釈放してあげますよ、ということです。

その上で、裁判で懲役などが確定すれば、刑期そこから勾留中の期間を差し引いて、改めて刑に服しなければならないわけですね。

 

仮に保釈中に逃亡した場合、保釈がなくなると同時にそのお金は取り上げられてしまいます。

つまり、保釈金の金額は、「これだけ払わせとけば、取り上げられると困るだろう」ということで決められます。

 

ゴーン氏の場合、1億や5億は屁でもないが、10億はちょっと嫌だろう、と考えられたわけです。

堀江貴文氏の場合、その金額は3億でした。

元モー娘。の吉澤ひとみさんは、300万です。

人によって、違うわけですね。

 

過去には、イトマン事件において許永中が6億の保釈金を支払いましたが、韓国に逃亡、6億は没収されたことがあります。

もっと高く設定してあれば逃亡しなかったかもしれませんね。

では、10億というお金は、ゴーン氏にとってはどうなんでしょうか。

過去最高の保釈金

日本における過去最高の保釈金は20億だと言われています。

牛肉偽装事件のハンナン会長 浅田満氏です。

次に、住専資産隠し事件の末野謙一氏で15億。

ちなみにゴーン氏の10億は、山口組の組長 篠田健市氏と同額。

10億は、高いのか安いのか

以上の状況や持っている資産から見れば、10億という保釈金の額は、少し安めのような気がしますがいかがでしょうか。

ただし、経営者としての人生は暗礁に乗り上げてしまった形なので、今後の収入はさほどないわけでしょうから、それを考えると10億持っていかれたら困るかもしれませんね。

sponser

-話題

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.