heder

話題

池江璃花子選手の白血病。過去に生還した有名人は?

更新日:

 

池江璃花子選手が白血病だというニュースに驚愕した人はたくさんいたことでしょう。

現代では、医療技術が進み、きちんと治療すれば完治する病気だということですが、それを知った時の池江璃花子選手はどれほど怖かったことでしょうか。

そして、東京オリンピックの選考会を兼ねた大会を控えて第一線から引かなければならないことをどんなに残念に思ったことでしょうか。

しかし、過去にも白血病になり無事生還した有名人がいます。

こな記事では、それはの方々について調べ、少しでも池江璃花子選手への励ましになったらと思います。

白血病から生還した有名人〜渡辺謙

最初にみなさんが思い当たるのは俳優の渡辺謙さんではないでしょうか。

映画、トム・クルーズと共演したラストサムライや、デカプリオと共演したインセプション、GODZILLAなど世界を舞台に活躍する俳優。

渡辺謙

渡辺さんは、1989年、29歳の時に白血病を発症しました。

一時寛解して復帰しましたが、再発。

この時にはもうダメかと思いましたが、1995年に再復帰。

その後現在に至るまで活躍を続けています。

今回、池江璃花子さんの報道があって、ツイッターで応援しています。

経験者、渡辺謙さんからのエールはとても心強いですね。

白血病から生還した有名人〜吉井怜

タレントの吉井怜さんは、1998年特撮番組『仮面天使ロゼッタ』のヒロイン・神あすか役で、初主演。ブレイクしました。

2000年、池江さんと同じく18歳で急性骨髄性白血病になりました。

吉井怜

吉井さんは、華原朋美、浜崎あゆみに次ぐ「桃の天然水」3代目イメージキャラクターとしてCMに出演しています。

手術により母親から骨髄を移植。

当時は、絶望のあまりに強い吐き気と高熱に襲われて苦しんだそうです。

その後完治し、現在もテレビ、舞台で活動を続けています。

2002年に、闘病記『神様、何するの… 白血病と闘ったアイドルの手記』を出版。ベストセラーとなりました。

抗がん剤や移植の副作用により脱毛に悩んだ女性として、その悩みを語っています。

白血病から生還した有名人〜元宮城県知事 浅野史郎

浅野史郎

浅野史郎さんは、2009年に成人T細胞白血病と診断されました、

骨髄移植手術により、現在はテレビで、政治評論家、コメンテーターとして活躍しています。

白血病で治療中の有名人〜大塚範一

大塚範一

大塚範一さんは、2011年、朝の情報番組「めざましテレビ」のキャスターでしたが、急性リンパ性白血病で降板。

2012年に寛解し、退院。

本格復帰を目前にした2013年に再発。

現在は療養中のようです。

池江璃花子さんの白血病とは

池江さんはオーストラリアで練習中でしたが、肩で息をするような辛い姿が見られていたそうです。

現地の病院で血液検査の結果以上が見られ、緊急帰国して白血病と診断されました。

しかし、まだ急性なのか慢性なのかはっきりしていないそうです。

16歳から19歳までは6割から7割が完治するそうです。

特に今回は早期の発見だったそうで、安心材料ではあります。

でも何とも言えません。

しっかり治療して完治して復帰して欲しいですね。

そんなか、こういう発言をしている人もいます。

桜田五輪相 池江璃花子選手に「がっかり」発言、そのお騒がせ失言集

PR




PR




sponser

-話題

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.