heder

ドラマ

ハラスメントゲーム第6話感想と第7話あらすじ 市川由衣のハニートラップに嵌るの?秋津室長!

更新日:

第6話感想 「被害者が加害者になる時」

日産のカルロス・ゴーン氏の逮捕に関する会見中継の裏で,ハラスメントゲーム

カルロス・ゴーン会長逮捕に衝撃を受ける人たち

今週のゲストは,杉本哲太さん。リストラを迫られる役ですね。

前回のほのぼの路線に比べ,今回は結構な真面目路線でした。

社長の意向で水谷をパワハラで訴える決意をする秋津室長でしたが,水谷は,高村真琴(広瀬アリス)の聴取に認めませんでした。

あれだけ強い「出ていけ!」という恫喝でしたが,ハラスメントをした方は,身に覚えがないというのが世の常。

一方,人事の小泉光一(石井正則)は,コンプライアンス室に訪ねてきます。

リストラに応じない職員,特に元上司 浅村(杉本哲太)に通告し退職させる指導をしてほしいという悩みをもっていたんです。

定年間際に会社にいらないといわれることはきついですね。

しかし,後輩が先輩を切るのも,やはりつらいですよね。

しかし,何とかマルオー物流に出向が決まります。

それにしても,管理職を50人もリストラするこの会社。

すごいのか,めちゃくちゃなのか,どっちでしょう。失敗すると,ぜい肉でなくて体力を失うことになりますからね。

売り上げ減の対処は,リストラか,経営責任への追及か。

役員報酬年間4億。これは減らさずに労働者をいくらでも切る役員たち。

役員たちに「身を切れ!」という秋津室長,かっこよかったですね。!

「リストラだけがコストカットじゃありません。ここにおいでの役員様たちの報酬を下げるというのはいかがでしょうか?」

まさに,裏ではカルロス・ゴーン氏の逮捕にからむ日産の会見があっておりました。

なんというタイミング!

カルロス・ゴーン会長逮捕に衝撃を受ける人たち

水谷は,しっかり罠にはまってパワハラ確定。気持ちよかったですね。

そして常務に切り捨てられる・・・

しかし,秋津の,まさかの社長に反旗。

秋津はいったいどちらは何でしょうか?

そして,秘書小松美那子の秋津へのハニトラが発動!!「それ,セクハラですよ」

さらなるハラスメントが生まれていく環境が整ってきました。まさにゲームです。

リスハラを覚えよう⁉

今回みんなが知ったのが「リスハラ」

テストに出ますよ。

リストラハラスメントのことですよ。

あの手この手でやめさせようといろいろと罠をしかけるんですよね。

自分から辞めるように仕向けるリスハラ。

何でもかんでもハラスメントのいう風潮に「???」を与えてくれる番組ですね。

第7話あらすじ

なんと,6話のおわりではまってしまった小松美那子(市川由衣)のハニートラップにより,秋津室長(唐沢寿明)は,セクハラで訴えられてしまいます。

水谷(佐野史郎)の策略だったんですね。

なんてことでしょう。

無実を訴えても一蹴。

役員の間では,自主退職の声が高まっていきます・・・

関連記事

ハラスメントゲーム2の予感 新生マルオーの社内改革と,秋津室長の行く末

ハラスメントゲーム第9話 最終回感想 脇田と秋津はラスボス横手社長からマルオーを守れるのか

ハラスメントゲーム第8話感想と第9話あらすじ 脇田常務「全役員一致で社長の退陣を要求します!」

ハラスメントゲーム第7話感想と第8話あらすじ 小松美那子(市川由衣)はスパイだった?

ハラスメントゲーム第6話感想と第7話あらすじ 市川由衣のハニートラップに嵌るの?秋津室長!

ハラスメントゲーム 第5話感想と第6話あらすじ セ・パ両リーグと「ゆとはら」

PR




PR




sponser

-ドラマ

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.