heder

話題

堀江貴文氏が多動力による人材育成の学校「ゼロ高等学園」設立!入学案内から読み解く

更新日:

 

堀江貴文氏がまた多動力を発揮しました。

今度は高等学校です。

7月26日に会見で明らかにしました。

「ゼロ高等学院」。

10月1日開校です。

 

ゼロ高等学院ってどんな学校?

学校名の「ゼロ」はおなじみ,堀江氏のベストセラー「ゼロ」からきているのでしょう。

広域通信制の鹿島山北高校と教育連携する通信制の学校です。

オンラインサロン最大級のコミュニティ、「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」内から生まれたプロジェクトの一つです。

「何もわからないけどとりあえず行動する人が得している」という堀江貴文氏の理念により,座学よりも行動できる人材育成を目指して設立されました。

 

そのために,さまざまな社会活動への参加が計画されています。(「どんなことが学べるの?」で詳述)

ゼロ高等学院では,DMMオンラインサロンを利用して授業を行います。

高校を卒業していない人が対象で,高卒資格が取得できます。

また,HIUのプロジェクトにも参加可能で,その道の最先端のプロと直接指導を受けたり,いっしょに携わったりすることができるというのは最大の魅力でしょう。
ゼロ高等学院では,その世界で名だたる方が顧問となっています。

  • 元マイクロソフト社長の成毛眞氏
  • コルク社長の佐渡島庸平氏
  • 「ビリギャル」作者の坪田信貴氏、
  • “ゆうこす”こと菅本裕子氏

これらの顧問の授業が受けられるそうです。

すでに入学受付開始されています。

入学について

入学付きは,4月,10月です。

定員は400人

3年間の学費は138万円(鹿島山北高校とも合わせた額)

 

どのように教育連携するの

ゼロ高等学院は,サポート高としての位置づけです。

通信制高等学校の鹿島山北高校でのレポート提出をサポートする,というかたちをとっています。

したがって,鹿島山北高校にも入学手続きをする必要があり,学費は,鹿島山北高校のものを合わせた額となります。

 どんなことが学べるの

「ゼロ高を知る」の中に次のように書いてあります。

「ゼロ高では、社会参画の場を用意します。一流の大人から、何故その仕事を選んだのか、何が楽しいのか、本質的に物事を知る機会を用意します。知らなかった世界を知ること、それがすべてのはじまりです。」

ゼロ高とは

現在用意されている社会参画の場として,

  • ロケット開発「インターステラテクノロジズ」
  • 寿司屋「はっこく」
  • メンズファッションバイヤー「MB」
  • 尾崎牛「尾崎」

があり,今後増えていくそうです。

これらの場で,

  • 宇宙ロケットの開発、発射
  • 和牛の生産販売
  • 寿司職人になるための技術
  • ファッション
  • エンジニア体験

などに携わり,プロに学ぶことができるのです。

また,オンラインサロンHIU内で進行中のプロジェクトに参加することができます。

村づくり、全国展開予定のシェアオフィスづくりなど、さまざまな分野の活動があります。

これらの主催・参加が可能となっているのです。

HIU自体が高額のサロンなので,それだけでゼロ高等学院に入学する魅力がありますね。

 

さらに,HIUメンバーからメンターを募集し,ティーチングアシスタントとなって生徒の学習面をサポートするそうです。

同サイトには以下のように説明されています。

「ゼロ高では、全国に学習と日々の相談ができるサポーターがいます。生徒1人に、1人以上のサポーターが寄り添います。オンライン、オフラインで、生徒に寄り添います。」

そもそもなんで高校を作ったの

ゼロ高の教育方針には次のように書かれています。

「現代の日本では、学生の社会への道は限られた就職活動期間という時間の中で決まります。できる限り多くの企業を訪問し、納得感の有無に関わらず、内定を多く勝ち得ることで開けてきました。しかし、そのような世界は限界が来ています。」

これらの方針は,堀江氏の「学校教育を壊して再構築する」という発言からもかいまみえており,ゼロ高はまさにこの発言から生まれたといってもいいでしょう。

こうして,社会参画や活動の場を多面的に提供し,行動する人材を育成する意図で設立。

「社会参画の場や課外活動の場を提供したいと考えたのは、自身の行動によってのみ、自分が本当にやりたいもの、人生をかけて関わりたいものが見つかると考えているからだ」

堀江氏は,「「寿司を作ってみて、センスがないなと思ったら、ロケットエンジンを作ってみよう、とすぐにコースを変えられる。開発の現場にもすぐ行けるから。センスが良ければ、そのまま雇われることだってある」」と言っていますが,さまざまな経験を,次々に自分の経験に基づいて渡っていく行動は,まさに堀江氏のいうところの「多動力」です。

 

期待されるゼロ高生の姿

サイトでは,以下のように書かれています。

「ゼロ高が求めているのは、ゼロ高の環境を最大限に活用し、自他ともに活かし、未知を楽しめる人物です。行動し、選択し、判断し、理解する。その繰り返しができる人物を求めます。」

「未知を楽しめる人物」というのがすばらしいですね。

脳科学者茂木健一郎氏による「脳が変わる生き方」に「偶有性」という言葉が出てきます。まさに思いもしなかったことが起きること,それを怯えず,楽しむことが大事だ,という考え方を思い出しました。

最後に,堀江氏が会見の中で語った期待の言葉で締めくくりたいと思います。

「一期生はすごい面白いやつが来ると思う。こういうのに来る一期生ってめちゃくちゃ才能あると思う」

いらすとやさんのイラストを使わせていただきました。

PR




PR




sponser

-話題

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.