heder

不祥事

イッテQのお祭り企画 放送倫理違反認定~ やらせ前提で再開すればいいのに

投稿日:

半年以上かかって判断

以前,イッテQの祭企画のやらせ疑惑が話題になりました。

宮川大輔 イッテQ祭企画のやらせ疑惑で加担した?「日本人は誠実な人たちだと思っていたのに

7月5日(金),BPOは,「世界の果てまでイッテQ!]の内容に放送倫理違反があったと言わざるを得ないと判断した」と記者会見で述べました。

疑惑が出てから,この記者会見までに半年以上かかっているわけですが,ずいぶん時間がかかりましたね。

どうやら祭り企画以外にも追加報告書を求めて討議を続けたそうです。

その上で,今年1月11日に審議入りをした模様。

それからも半年かかっていますね。

過去111回の祭り企画を調査したそうなので,これだけ時間がかかったのでしょう。

日テレは番組を再開したい

日テレは,それを真摯に受け止めた上で,再開したいという意思をしめしたとのことです。

しかし,今後は,かなりシビアな目で見る人が多いでしょうね。

「祭り企画検証祭り」が行われそうです。

企画の中の疑わしいところをみんなで血眼になって探すのです。

これまでのファン以外のそんな人たちがこぞって番組を見るでしょう。

視聴率は取れるかもしれませんが,番組作りには,そうとうな注意を必要とします。

それ以前に,世界にそのような紹介したい祭りがあるのかということも心配ですね。

再開はいいがネタがない。

そうならないように願っています。

いっそヤラセ番組にしたらどうか

そこで,思うのが「ヤラセ番組にしちゃえ」ということ。

祭り企画をぶちあげて,村を栄えさせるきっかけにするというコンセプトで,やらせ祭りを企画。

その過程まで全部含めた番組にするのです。

いかに自然に,昔からあったかのような祭りにするか。

そして,その祭のあと,村が発展していったのか。

そういうビフォーアフター的な番組にしちゃえばいいのに,という意見ですね。

バラエティーなのですから,十分楽しめるはずですよね。

「ビフォーアフター」を見る私たちも,「あ~あ,この仕組み絶対使わないよね」とか「数年で廃墟だよね」などと心の底で思いながらも,表面的な美麗な改装に心を躍らせてみています。

そんな感じで,やらせも含めて楽しめる番組にするのです。

いかがでしょうかね?

PR




PR




sponser

-不祥事
-, ,

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.