スポーツ

金本知憲監督 事実上の解任か?「俺の人生で一番ぐらいにきついわ…。」

事実上の解任に近い辞任勧告

10月8日,「監督やめろ」の怒号飛び交う中、「全てを受け止める」という言葉を残して、金本知憲監督は試合場をあとにしました。

17年ぶりの最下位というになり、さらにすごい怒号の中を「申し訳ない」と言いながら去って行きました。

そして,17年ぶりの最下位という最悪の成績となってしまったことを受け,金本知憲監督は12日,辞任すると発表しました。

辞任勧告,事実上の解任に近い形だったということです。

 

「俺の人生で一番ぐらいにきついわ・・・」とつぶやいた金本監督。

3年間で結果を出せなかった責任が一人の背中に重くのしかかっていました。

金本監督辞任

監督のパワハラに選手が萎縮の声も

金本監督は、若手を育てられなかったという評価があります。

藤浪選手へ雨中161球を投げ続けさせたことなど、3年目の最初からその采配に疑問を持たれ、パワハラだとか、金本監督が監督でいる限りは阪神ファンをやめるとか厳しい声が寄せられていました。

監督自身は,若手選手を育てようとしているのでしょうが、肝心の選手が育たない。

高橋由伸監督と比較され、責任を負わずに選手の悪口ばかり言う監督、との評判が声高に広がりました。

二人とも、指導者経験なしで監督になりました。

人気の選手が良き監督であるとは限りませんが、世間の評判では、金本監督への評判は芳しくありません。

高橋監督も、金本監督も、球団側は続投の意向でしたが、高橋監督は辞任の道を選びました。このことで、金本監督も辞任せよという書き込みがネット上に溢れました。

 

そして,今回の事実上の解任に近い辞任となってしまいました。

 

ファンの怒号にキレる動画も

9月28日に,一般の男性からヤジを飛ばされてキレる動画が一時アップされて話題になりました。

連敗を止められずイライラを募らせていた矢先の行動上でのトラブル。

つかみかかろうとしていた監督を必死で止めるスタッフの様子が写っていました。

暴力事件にならなくて本当によかったです。

しかし,この動画で,女性の方が必死に「応援してる!」と叫んでいたのが印象的でした。

ファンというものは本当にありがたいなと思います。

金本監督辞任

奇跡のV字回復を見てみたかった

最大のチャンスは最悪の顔をして目の前に現れるといいます。

私は,どん底の金本監督に何とか踏ん張ってもらってこの最悪状況を最大のチャンスに変え,奇跡のV字回復を見せてほしかったなと残念に思っています。

ここで、さまざまな課題を全部だし切って改善すれば、あとはこれ以上下がらないのだから、(そう信じたい)、上がっていくだけです。

ファンが怒って「やめろ」という気持ちもわかりますけど、こんな時にもどん底の人を支えようとする人が必ずいます。

場の雰囲気の中で「やめろ」とたけりくるう人たちの中で、確実に「でも、金本監督、頑張ってください」とおもっているひともたくさんいたはず。

私もその一人。

激しい怒号の中を以前のようにキレもせず、「申し訳ない」と言いながら去った監督の心中は地獄だったでしょう。

しかし,人はここから這い上がることができるのです。

そのどん底状態を必死に寄り添って応援し続けたかったなと思います。

これからどんなドラマがどん底阪神に起こるのかしっかり見ていきたかったですね。

そして、他の監督ではなく、金本監督で阪神が一つになって優勝するのを見たい。それはきっとすごいドラマになったことでしょう。

ぜひそれを見たかった。

しかし,それを監督に期待するのも酷というものでしょう。

あとを継ぐのは矢野燿大2軍監督という線が有力視されています。頑張って,金本監督の無念を晴らしてほしいものですね。

sponser

-スポーツ

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.