「君と世界が終わる日に」出演のキム・ジェヒョンの日本語がうますぎる理由とは

「君と世界が終わる日に」に出演中の,韓国人アルバイト役で,韓国のバンドn.Flying のドラマーでもあるキム・ジェヒョンさん。

テコンドーがものすごくかっこいいと評判になっていますが(「キム・ジェヒョンのテコンドーは本人の特技?どこで身につけたか調査

さらに日本語の能力もすごいと話題になっています。

この記事では,キム・ジェヒョンさんがいかに日本語が上手なのか,

そしてその理由は何なのかについて説明します。

キム・ジェヒョンさんの日本語のうまさ

キム・ジェヒョンさんは,君と世界が終わる日の役である物静かなミンジュンとは反対で,とてもはつらつとした感じで撮影現場を明るくしているそうです。

竹内涼真に「日本語うますぎ!」と褒められる

そんな中で,主演の竹内涼真が,「日本語うますぎる」と感心している動画があります。

この,普通に会話ができる日本語能力はすごいですね。

羽田空港のつけ麺がとてもおいしいというときの,その言葉の使い方もとても自然ですね。

インスタグラムライブで40分以上も日本語で話す

これもすごいですよ。

なんと自然な日本語で40分も話すんです。

とても劇中のミンジュン役とは思えない,おもしろい語りで,見ていて飽きないですね。

それ以前に,本当にいったいどうしてこんなに美味いのか,不思議です。

キム・ジェヒョンさんが日本語がうまいわけとは

キム・ジェヒョンさんが,これほど日本語がうまいのは,いったいなぜなんでしょうか。

いくつか理由があります。

2013年頃,インディーズ活動をしているとき日本で暮らしていた

n.Flyngが2013年頃日本でインディーズ活動をしていたとき,毎週日本語の先生がきて,日本語の勉強をしていたそうです。

グァンジン:あ!ちょっと修正します!ぼくたちが日本でインディーズ活動をしていた時は、毎週日本語の先生が来て、日本語の勉強をしていました。でも現在は韓国で主に生活しているので、その韓国の時間に合わせてしまうと、どうしても決まった時間にきちっと日本語の勉強をすることはできないんです。でも僕は日本語の担当なので日本語の勉強はしているんですが、他のメンバーはなかなかきちっとできないので、忘れてしまったものもあります。でもこれからもっと、がんばって日本語の勉強していきます!

https://www.tvgroove.com/special/article/ctg/218/tid/617.html 韓国出身のニュー・トレンド・バンド「N.Flying」来日インタビュー! メンバーが作ったオリジナルの日本語とは!?

上は,現在脱退しているグァンジンさんの言葉です。

みんなで熱心に日本語の勉強をしていたことが伺えますね。

姉が2011年に日本でデビューしていた元Rainbowのジェギョンさん

また,キム・ジェヒョンさんのお姉さんが,もとアイドルで現在は女優のジェギョンさん。

日本でデビューしていた元Rainbowのセンターを務めていましt。

このジェギョンさんは,「日本語能力試験4級」を取得するほど。

そのジェギョンさんを姉に持っているジェヒョンさんは,姉に続いて日本でインディーズ活動を指定t事から,きょうだい一緒に日本語を伸ばしていたことは間違いないでしょう。

まとめ キム・ジェヒョンさんは,どうしてこんなに日本語がうまいのか

バンドのインディーズ活動で日本にいたときに,毎週日本語の先生が来て日本語を学んでいた。

お姉さんが,日本語能力検定4級を取得するほどの日本語能力が高い,元Rainbowのジェギョンさん。

それだけじゃなく,スタッフや俳優たちと打ち解け,現場の先輩俳優などをレスペクトし,みんなから愛されるキム・ジェヒョンさんだから,たくさんの会話が生まれているんだと思います。

これ以外に,日本の大学に通っていたという情報もありますが,同姓同名の方が複数おられ,本人かどうかの確認がとれないため,こちらではあげていません。

ワンクリックお願いします

コメントを残す

こちらから,他のトレンドニュースサイトへ
人気ブログランキング