鬼滅アニメ第2期「遊郭」の子どもへの説明の仕方は?子どもに悪影響はあるの?

現在,鬼滅の刃アニメ第2期「遊郭編」を子どもに見せて大丈夫かということについて論争があっていますね。

鬼滅の刃2期「遊郭編」は,いつからで,内容のどこまで放送されるのかについてはこちらをどうぞ↓

鬼滅の刃のアニメ2期はいつから?内容のどこまでが放送されるか予想

鬼滅の刃は,今や幅広い年齢の人が見るコンテンツになっています。

「全集中」と国会で話す議員さんまでいます。

その中には,幼児も含まれていて,「日輪刀ほしい!」なんていっています。

そんな鬼滅の刃のアニメ第2期は「遊郭」が登場

この遊郭をどのように子どもに説明したらいいのか話題になっています。

この記事では,説明の仕方やそもそも子どもに悪影響はあるのかということについて考えてみました。

子どもへの説明の仕方

子どもから「遊郭って何?」と聞かれたらどう答えたらいいんでしょうか。

すでに鬼滅の刃を読んでいる子ども

まず,お子さんが鬼滅の刃を読んでいるならば,いまさら聞かれることはありません

すでに数年前に漫画で「遊郭編」を読んでいるからです。

聞きたかったらそのときに聞いてくるでしょう。

聞いてきていないということは,子どもなりに何らかの解決をしているんですよね。

うっすらとわかっていたり,「これ,親に聞かないほうがいいんじゃ・・・」と察している子どももいるでしょう。

子どもは賢いです。

いろんなことを知っています。

今回はじめて「遊郭」という言葉を知った

それでも,今回聞かれたらどう答えたらいいでしょうか?

アニメ編で初めて遊郭に触れるお子さんもいると思います。

もし聞かれたら,ちゃんと答えればいいと思います

まずは,

男性がお金を払って女性と遊んだり,お酒を飲んだりするところだよ

とざっくりと教えてあげたら,大抵の子どもはふーんそうなの,でおわるだろうと思われます。

そこでさらに疑問を持った子どもは自分で調べたり察したりしていくでしょう。

でも,さらに「なんで男の人が女の人と遊ぶのにお金がいるんだろう」と突っ込んできたら,きちんとむきあって歴史と向き合わせたらいいでしょう。

遊郭とは,

昔,実際にあった施設であること

女性や子どもが虐げられてきた時代だったということ

今は,そういう時代ではなくなってきて,遊郭はないけど,世界にはまだ人身売買がなくなっていないということ

そういう文化があったことは事実ですので,逃げられません。

むしろそれをきっかけにきちんと教えて、やっていいこと悪いことをについて考えることができるように育てていくことが必要でしょうね。

質問には逃げないのが大人の義務だと思いますよ。

要は,親が「遊郭」について、しっかりと良い具合に説明したら事足りる話ですよね。

遊郭が存在したことを隠すことは教育ではないですよね。

むしろ,ちゃんと聞いてきた子どもにはしっかりと答えることで,自分や人の心や体を守っていく心を育てたいものです。

というか,何度も言いますが,深夜に放送するほど配慮されているのに対して,それを見せるということからして大人の覚悟が必要ですよ。

聞いてくること前提で見せてほしいものです。

子どもへの悪影響は?

子どもへの悪影響という文脈でも語られているようですが,すでに身の回りは悪影響だらけ

鬼滅の刃だけの話ではなく,Fortniteのような,銃で人を撃ち殺すゲームに夜な夜な興じている子どもたちです。

悪影響から守るという文脈ではなく,悪影響から身を守りまけない子どもを育てないといけないですよね。

鬼滅に関して言えば,既にマンガで連載を終えています。

血しぶきはとび,体はバラバラにされ,首は転がります。

頭が握りつぶされ,崩壊します。

そういうのが満載の鬼滅の刃で,すでにそれを見ているわけです。

悪影響の要素だらけです。

では,それがどのように子どもたちに悪影響を及ぼすのでしょうか?

見回したところ,鬼滅を見たからと言って,頭をにりぎ潰そうとしたり,首を取ろうとしたりするような子供の報告を聞いたことはありません。

また,女性差別に関する内容にしても,炭次郎立志編でカナヲが人買いに連れていかれる場面がありました。

あれはスルーされていますよね。

そしてそれを見た子どもたちが,女の子を差別するようになったなんてことはありませんし。

子どもは,かしこいです。

やっちゃいけないことくらいちゃんとわかってるんですよね。

だから,深夜アニメに関わらず,見せているんでしょ?

心理的な影響はあるかもしれませんね。

首が飛んでトラウマになるとか。

しかし,ここに描かれた遊郭でトラウマになる子どもはいないだろうと思うので,心理的悪影響はさほど考える必要はないでしょう。

それより,帯の中に閉じ込められてときどき食われるということのほうが怖いですよね。

つまり遊郭云々で悪影響はないということです。

そもそも,「遊郭は子どもに悪影響」とか言い出したら「千と千尋」はどうなるんでしょうか。

日本の文学とか映像作品も結構NGになるものがあるんじゃないですかね?

特に,エヴァはまずいんじゃないですか?

親がどう判断するのか

結局,「鬼滅は読んだことはありませんが遊郭を美化してほしくありません。キラキラしたロマンチックな場所として描かないで」というツイートがあるように,「読んだことがない人がいろいろという」という状況にあるわけです。

つまるところ,親がどう判断するということですね。

まずは親がみて

  • これは,女性差別だとか
  • 大人の世界の秘め事が描かれているので子どもにふさわしくない
  • 遊郭がことさらきれいに描かれている。

などと判断したら,子どもに見せないようにすればいいですね。

映画の「無限列車編」は PG-12指定でした。

年齢制限はないが,12歳未満には親の指導が必要となっています。

アニメも同じことですね。

深夜帯の放送であるという時点で,子どもが見るために作ってる作品じゃないよといっているわけですから。

また,漫画ではさほどグロさは感じませんんが,アニメになると音や色などで,多少のグロさはでてくるかもしれません。

それを悪影響と見るなら,見せないほうがいいでしょうね・

つまり,悪影響がありそうだからといって,原作を改変して放送してくれというのはおかしな話じゃないかなと思います。

鬼滅の刃アニメ2期「遊郭編」は改変されるかどうか

これまでの漫画作品が映像化されたとき,改変された例はあります。

  • ワンピースの登場人物がタバコを咥えていたのを,アメリカで放送されるものはキャンディをなめているように改変されたり。
  • アニメ『テラフォーマーズ』では首が吹き飛ぶシーンに「修正」が入ったりとか,
  • 『ジョジョの奇妙な冒険』で高校生が煙草を吸うシーンで、口元に「黒塗り」がはいったりとか。

しかしこのような小さなワンポイントが修正されることはあっても,「遊郭」というお話の舞台になるような場所が改変されて「お寺」になってみたりすることはまずないでしょう。

漫画の正確な映像化で評価の高かったufotableが,一部の声により,絶大な数のファンをがっかりさせるような改変を行うことは考えられません。

まとめ 鬼滅アニメ第2期「遊郭」の子どもへの説明の仕方は?子どもに悪影響はあるの?

子どもへの説明ですが,

  • 一度読んでいる子どもがこれまでに聞いていていないんだったら,もう聞いてこない。
  • 今回初めて「遊郭」に接する子どももきいてくることはないだろう。劇中でどんなものかの説明はされている。
  • しかし,それでも聞いてくるなら,きちんと話せば住むこと。
  • 要は,深夜放送帯にあるアニメを子どもに見せる時点で,そこはしっかりと覚悟し,答えを用意してからみせればいい。

そんなお話でした。

特に悪い影響ということも考えられませんし,そのことで改変,改悪されることもないだろうと思います。

それではまた!

ワンクリックお願いします

コメントを残す

こちらから,他のトレンドニュースサイトへ
人気ブログランキング