「君と世界が終わる日に」第2話内容と感想 噛まれたら終わり! 第3話あらすじ

第2話内容 

響たちの行動~宇和島が噛まれてしまう

1話で,来美くるみ(中条あやみ)が生きていることを確信した響(竹内涼真)は,来美を探しに行き,自衛隊に救助されたことを推測します。

来美が載っていたはずのバスが打ち捨てられ,付近には化け物たちの死骸が産卵する中,薬莢が散らばっていたからです。

近くの車の修理を試みる響。

それを化け物から守る等々力(笠松将)。

ガソリンを調達に出発する本郷(大谷亮平)と甲本(マキタスポーツ)。

そのなかで,宇和島は化け物に噛まれたようですが,それを隠していた。

しかし,化け物たちが次々に吸い寄せられてくるのは,地の匂いに誘われてではないのか?

つまり,誰かが噛まれたのではないのか?

みんなに疑心暗鬼が広がる。

宇和島の腕の噛み傷は,その中で轟に見つけられた。

避難場所の老人ホームで,熱にうなされる宇和島を見て,

だれもが,宇和島は化け物に変わるのかと心配する。

化け物になってしまったらどうしようもない。

そうなる前に殺してしまうしかない。

ナイフを向ける等々力と,それをとっさに止める響。

轟は,宇和島が変貌したら殺すように等々力からナイフを渡される。

 

来美たちの行動

来美(中条あやみ)は,自衛隊に助けられ,トラックに揺られていたが,化け物を轢いたトラックが納屋に激突。

一緒に運ばれていた幼い兄弟の兄・勝利しょうり(田中奏生)の胸に,鉄筋が突き刺さってしまう。

来美は研修医であったので,緊急手術の助手をつとめることになる。

しかし,手術の現場には,勝利のちの匂いに誘われて化け物たちが引き寄せられてくる。

手術は成功するのだろうか。

来美たちは,迫りくる化け物から生き残れるのか

第2話 感想 ネタバレ

バスにゾンビが集まってくる様子を真上から見た映像。めちゃくちゃ怖いですね。

その中で宇和島が噛まれていた。

今夜か,1時間後か,5分後か。いつゾンビ化するかわからないと,等々力。

 

はじめて見つけたのはマキタスポーツだが,絶対人に言いそうだな。

いつゾンビになるかわからない宇和島を,始末するか,助けようとするか,響と等々力の対立が始まる。

どっちがいいとかわるいとかじゃなくて,ワクチンが開発されているのかどうかわからない今では,みんながたすかるために諦めるということも大切か・・・

宇和島の拘束を解いて,一人で対峙し,会話を続ける響は,無謀だけど,最後まで人としての宇和島を信じたいんだなと思いました。

しかし,その宇和島をおんぶして逃げるのは,どう考えても無謀ですね。

その間にゾンビ化したら,首を噛まれるのを防ぎようがありません。

下の方の感想,全面的に支持します。

しかし,最後の最後で,宇和島自分のみを挺して,みんなを守りました。

その宇和島に次々にのりかかるゾンビを見てて,よたよた歩くゾンビと,超スピードで走るゾンビとどう違うのかと思いました。

どうちがうんだろう?

ゾンビ,2種類いるんですかね?それともただ設定がぶれているだけなんでしょうか?

大谷亮平のジャケットは,これ?


 

やっと駐屯地についたと思ったら,その一瞬後,本郷(大谷亮平)が・・・・

なんという結末・・・

 

第3話のあらすじ

まさかの,本郷への銃撃。

いったいだれが・・・

響(竹内涼真)たちは,本号をおいて,その場をたちさるしかありませんでした。

しかし,自衛隊では響たちが先に発砲したことになってしまっていて,彼らはテロ集団とみなされていたんです。

響たちが逃げ込んだショッピングモールの中で,一人の助けを求める人物に出会います。

それは人気女優。中越美亜なかごしみあ(芳根京子)でした。

しかし,ここにはゾンビが一体もいない。

そのことがかえって不気味に感じられます。

そこへ,日本等を手にした謎の集団。

かれらは,佳奈恵を人質にとり,等々力の銃を奪おうとします。

自衛隊駐屯地では研究者・首藤しゅとう(滝藤賢一)が来美(中条あやみ)の血液検査の結果をみます。

2話で,ゾンビから噛まれそうになっていた来美でしたが,何かあったのでしょうか。

見逃した方は・・・

見逃した方は,HULUで全話みることができます。

HULUなら2週間無料で,「君と世界が終わる日に」の全話をみることができます。 また,本作品の元ネタ?と評判の,「ウォーキング・デッド」を始め,バイオハザードなど見放題となっています。

ワンクリックお願いします

コメントを残す

こちらから,他のトレンドニュースサイトへ
人気ブログランキング