記事内に広告を含む場合があります。
PR

古賀紗理奈の父親など家族との関係について

古賀紗理那さんは女子バレーボールのプロ選手で、日本代表のキャプテンを務めています。家族構成は父親、母親、姉の4人です。彼女には2歳年上の姉がいます。

古賀紗理那さんがバレーボールを始めた理由についても触れています。

ポイント
  • 古賀紗理那の家族構成
  • 古賀紗理がバレーボールを始めたきっかけ
スポンサーリンク

 

古賀紗理那の家族構成

古賀紗理那さんの結婚前の家族構成は、父親の古賀裕正さん、母親の古賀博枝さん、姉の古賀麗那さん、そして古賀紗理那さんの4人家族でした。

姉の麗那さんもバレーボールの経験者で、熊本信愛女学院高等学校でプレーしていました。

紗理那さんと麗那さんは高校時代、共にバレーボールに熱中し、数々の試合に出場しました。

特に、姉妹はツインタワーの異名を持ち、春高バレーでのベスト4進出という輝かしい成果を収めています。

 

父親の古賀裕正さんは中学まで野球をしていたものの、バレーボールの競技経験はありませんでした。

しかし、娘たちが悩んだときには声の出し方や力の入れ具合などの相談に乗り、精神的なサポートをしていました。

 

母親の古賀博枝さんはバレーボールの競技経験があり、ママさんバレーに姉妹を連れて行き、一緒に活動していました。

母親影響で紗理那さんもバレーボールを始め、次第にその才能を開花させていきました。

 

このように、古賀家全体が紗理那さんのバレーボール活動を支えており、家族の絆が強く、支え合いながら成長してきたことが伺えます。

 

両親の職業

父親の古賀裕正さんの職業は公表されていませんが、転勤を経験していることから、企業に勤務する会社員である可能性が高いです。

古賀紗理那さんが6歳のときに、佐賀県から熊本県へ引っ越ししたのも父親の転勤が理由です。

裕正さんは中学まで野球をしていた経歴がありますが、バレーボールの競技経験はありません。

それでも娘たちの悩みを聞き、声の出し方や力の入れ具合などについてアドバイスをするなど、家族を支える存在でした。

 

母親の古賀博枝さんも職業について公表されていませんが、バレーボールの競技経験があります。

彼女は中学・高校とバレーボールに熱心に取り組んでいたものの、春高バレーへの出場は叶いませんでした。

家庭内での支えとして、博枝さんは専業主婦である可能性が高いです。

特に、紗理那さんが小学校から高校までバレーボール漬けの日々を過ごす中、家族のサポートは欠かせないものでした。

 

博枝さんは積極的にママさんバレーに姉妹を連れて行き、一緒に活動することで、紗理那さんのバレーボールのきっかけを作りました。

彼女の影響で、紗理那さんはバレーボールの才能を開花させ、次第にその実力を発揮するようになりました。

このように、両親は直接的なバレーボールの指導者ではないものの、家族全体で古賀紗理那さんを支え、彼女の成長を見守ってきたことがわかります。

スポンサーリンク

 

姉の現在

古賀紗理那さんの姉、古賀麗那さんは現在結婚して子供がいます。

結婚時期や子供の年齢などの具体的な情報は公表されていませんが、2020年8月20日に投稿された写真には、古賀紗理那さんが姉の子供と遊んでいる様子が写っています。

この写真から、麗那さんは2015年頃に結婚して子供を産んだと推測されます。

 

麗那さんは、熊本信愛女学院高等学校で紗理那さんと共にバレーボールをプレーし、春高バレーでベスト4という輝かしい成績を残しました。

その後、佐賀大学に進学し、バレーボールからは離れた生活を送っています。現在はバレーボール関係の仕事には就いていないようです。

 

麗那さんがバレーボールから離れた背景には、紗理那さんの才能を間近で見て、自分の限界を感じたことが影響しているかもしれません。

しかし、春高バレーでのベスト4という成績は素晴らしく、その経験は彼女にとって大切な思い出となっていることでしょう。

 

姉妹の絆は現在も強く、麗那さんがバレーボールから離れても、紗理那さんはプロのバレーボール選手として活躍を続けています。

家族の支えの中で成長した古賀紗理那さんは、今もなお世界の舞台で戦っています。

 

古賀紗理那がバレーボールを始めたきっかけ


似顔絵のMasa様のポストから

古賀紗理那さんがバレーボールを始めたきっかけは、母親の古賀博枝さんの影響です。

博枝さんは中学・高校とバレーボールに熱心に取り組んでおり、娘たちが生まれたときからバレーボールをさせたいと思っていました。

そのため、姉妹をママさんバレーに連れて行き、一緒に練習することが日常となっていました。

 

紗理那さんが小学2年生の時、地元のバレーボール大会で強豪チームの大津ジュニアと対戦し、全くポイントを取れずに敗北します。

この経験が紗理那さんに大きな刺激を与え、「あんな上手な選手になりたい」と思い、大津ジュニアへの移籍を希望しました。

この強い向上心と負けず嫌いな性格が彼女の成長を支えました。

 

大津ジュニアに移籍後、紗理那さんは努力を重ね、小学3年生の時には高学年のグループと一緒に練習できるまでに成長しました。

小学5年生と6年生の時には全日本バレーボール小学生大会に出場するなど、目覚ましい成績を収めます。

中学進学後もさらに成長を続け、大津中学校3年生の時には全国大会で3位に輝きました。

 

このように、母親の影響と幼い頃からの努力が実を結び、紗理那さんは才能を開花させていきました。母親の古賀博枝さんの影響は、紗理那さんのバレーボール人生の礎となりました。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は古賀紗理那さんの家族構成、両親の職業、バレーボールを始めたきっかけについて詳しく調べました。姉の麗那さんもバレーボールをしており、姉妹で春高バレーに出場しベスト4に入る成績を収めています。家族の支えを受けながら成長した古賀紗理那さんは、現在もバレーボールの第一線で活躍しています。

古賀紗理那の家族構成
古賀紗理那さんの家族構成は、父親の古賀裕正さん、母親の古賀博枝さん、姉の古賀麗那さん、そして古賀紗理那さんの4人家族です。姉の麗那さんもバレーボール経験者で、熊本信愛女学院高等学校でプレーしていました。姉妹は高校時代、共にバレーボールに熱中し、ツインタワーの異名を持つほどの活躍を見せました。

古賀紗理那がバレーボールを始めたきっかけ
古賀紗理那さんがバレーボールを始めたきっかけは、母親の古賀博枝さんの影響です。博枝さんは中学・高校とバレーボールをしており、娘たちにもバレーボールをさせたいと考えていました。紗理那さんは幼少期に母親とママさんバレーに参加し、その後、小学2年生の時に地元の強豪チームと対戦して敗北したことが転機となり、大津ジュニアに移籍して本格的にバレーボールに取り組むようになりました。

タイトルとURLをコピーしました