LINEMO(ラインモ)とPovo どちらがお得か比較。先行エントリーについても

LINEMO POVO 比較ソフトバンクは、新料金プランLINEMO(ラインモ)を発表しました。

月額2480円で、KDDIのPovoに合わせてきた格好です。

この記事では二つのプランの違いについて比較してみました。

また、どういう点でどちらがおとくなのか、についても調べてみました。

LINEMOとPovoのデータ容量、月額の比較

LINEMOも,Povoも,データ量は20Gで,月額2,480円です。

どちらも5Gに対応。

オプションで,5分間の通話がついて,2,980円となるのも同じです。

また,通話料金もどちらも 20円/30秒となっていますが,月額1500円で,どちらも通話し放題となります。

キャリアメールについては,どちらも非対応。

アハモ,LINEMO,Povo,3キャリアすべてでキャリアメール非対応となりました。

どちらも,データ容量超過した時は,1Mbpsの速度に。これも同じ。

どちらもeSIM対応。

オンラインで手続きをするのも同じです。

テザリング手数料は不要で,20G内で使用できます。

仕様ネットワークは,LINEMOの場合は,ワイモバイルと共通。

auの場合は,5G.4GLTEのネットワークを利用します。

ここまでみてきて,LINEMOとPovoは基本的には同じ内容と言えると思います。

それでは,後発のLINEMOは,Povoに比べてどんな差別化を図っているのでしょうか。

それぞれの特色を見ていきましょう。

LINEMOはLINEのサービス使い放題「LINEギガフリー」

ソフトバンクのLINEMOは,「LINEギガフリー」というサービスを歌っています。

それは,LINEトークと,LINE通話が使い放題となるサービスです。

トークではさほどギガを使わないかもしれませんが,LINE通話が使い放題というのは嬉しいですね。

近頃は,通話は,ネット回線を使う人が増えています。

LINE通話が使い放題ならば,オプションの5分間の通話を500円はらって付ける必要がなく,心ゆくまで通話することができますね。

ただし,双方がLINEに加入している必要はあります。

 

さらに,LINEスタンププレミアムベーシックコースが,夏から追加料金なしで利用可能になるとのことです。

現在,月額240円でLINEスタンプ使い放題となっていますが,LINEMOでは,これが追加料金無し,2,480円円に込みとなるわけですね。 

お得感があります。

ただし,スタンプの保有制限があり最大5個までしかもてません。

5個の範囲で使い放題を楽しむか,5個しかないなんてなんにもならないと思うかは人次第といったところでしょうか。

LINEMOの先行エントリーで3000ポイントの特典がもらえる。

LINEMOは,先行エントリーをすることでPayPayボーナス3000ポイントプレゼントというキャンペーンンをおこなっています。

これは,すでに実施している「SoftBank on LINE先行エントリーキャンペーン」のことです。

2月18日に名称を「LINEMO先行エントリーキャンペーン」に変更しました。

2021年の3月16日までに先行エントリーを行い,2021年5月31日までにLINEMOの契約を行った人にPayPayボーナスがプレゼントされます。

PayPayボーナスの受け取り手続きは,6月上旬に案内され,中旬頃締め切られる予定です。

先行エントリーについては,こちらの記事でさらに詳しく説明していますので,ご参照ください

ラインモ(LINEMO)先行エントリーのしかたと特典の受け取り方

先行エントリー完了TwitterキャンペーンでPayPayボーナスが1万円相当あたるキャンペーン

また、キャンペーン期間2021年2月18日(木)~2021年3月16日(火)の間に“ラインモ”の公式Twitterアカウント(https://twitter.com/LINEMO_official)をフォローして、指定のハッシュタグを付けてツイートをした人を対象に、抽選で270人に1万円相当のPayPayボーナスがプレゼントされます。

キャンペーンは,3月16日までです。

Povoのお得な追加トッピング

それでは先行のPovoの特色を見てみましょう。

Povoには追加トッピングがあります。

追加トッピング

  • 1G500円のデータ追加
  • 月額1500円で通話かけ放題

この2つは,ソフトバンクのLINEMOにもオプションとしてあります。

Povoの特色としては,

200円の追加料金で24時間データ通信が使い放題「データ使い放題24時間」

これは一時的な大容量のデータ利用ニーズに対応するものです。

例えば,休日にU-Nexを存分に見て、おわったらすぐにオフというような一時的に思いっきり使うという使い方ができます。

外出先でのZoom会議などには便利なオプションですね。

20Gは使わずに,そのときだけ使い放題となるトッピングです。

なかなか便利ですよね。

LINEMOとPovo どちらがお得?

基本的なサービスはどちらも同じです。

LINEMOのアドバンテージは,LINEMOギガフリーですね。

特に通話をたくさんする人にとっては,LINE通話がフリーで使い放題というのは大きいですね。

LINEのスタンプ(保有は5個とはいえ)使い放題ということも合わせると,

よく通話して,LINEもよく使うという人はLINEMOはお得といえるでしょう。

 

外出先でZOOM会議とか,U-Nextの映画などをたくさん見たいという人は,その時だけ200円の追加料金で24時間使い放題の「データ使い放題24時間」トッピングのあるPovoがお得と言えるでしょう。

まとめ

今回は,同じ2480で出してきたPovoとLINEMO2つについての比較をしてきました。

それぞれの会社がしのぎを削って,サービスを充実させてくれるのはとてもありがたいことですね。

なお,DOCOMOのアハモについては,こちらの記事にまとめていますので,ご参照ください。

アハモ(ahamo)先行エントリーのしかたと特典ポイントのもらい方

ワンクリックお願いします

コメントを残す

こちらから,他のトレンドニュースサイトへ
人気ブログランキング