heder

話題

カイヤとの離婚裁判で不利?息子からブログで「父とは呼べない」と書かれた川崎麻世

投稿日:

息子から「父とは呼べない」と言われる川崎麻世

川崎麻世さんがカイヤさんを相手取って起こした離婚裁判。

それから2週間ほどたち、今日10月30日は、第一回目の口頭弁論が予定されていました。

しかし、カイヤさん側の代理弁護人が辞任。口頭弁論は中止になっていました。

 

そんな今日10月30日、なんと息子のシオン氏が、カイヤさんのブログを借りて川崎麻世さんを非難する記事を書いて話題になりました。

「彼を父とは呼べない、信用できない」という内容です。

これまで、なにかと悪役にされがちだったカイヤさんの息子の思い余っての記事とあって、応援コメントもたくさん。

 

しかし、疑問に思う人もいました。

「なぜ、カイヤさんのブログを使って?記事を?」

「カイヤさんが裁判を有利にするために、世論を引き入れようとして息子に書かせたんじゃ?」

「これまで別居中の18年間も、カイヤさんの二人の子供の生活費と住居費、約約5000万円ほどのお金をきちんと払ってきた人に感謝の気持ちはないの?」

 

そんな意見が飛び交ってます。

どうも、カイヤさん側に有利なことにはなっていかない流れのようですね。

むしろ、なぜ、弁護人が辞任したのかも気になります。

川崎麻世はなぜ離婚したい?

18年感も続く別居生活。

それでも離婚しない二人に、かつては別居商法と言われたとこもありました。

しかし、今度は本気だそうです。

 

彼がよく飲みにいくキャバクラのキャバ嬢が語ったところでは、麻世さんは一人として口説けないのが原因だとか。

実際には麻世さんはモテないわけではなく、彼に心惹かれるキャバ嬢もいたそうなんですが、いざとなるとカイヤさんの怒った顔がチラついて冷めてしまい、結局誰も口説き落とせないと。

だから、本気で離婚に向けて裁判を起こしたのだいうのです。

まあ、それは本当かどうかわかりませんが、本気なのは確かなようです。

というのは、子供二人も成人しているのだから、そろそろ生活費は勘弁してほしいという気持ちがあったとの情報もあります。

私には、こちらの理由の方がよく理解できますね。

 

麻世さんとしては、一緒に暮らしてもいない成人三人にいつまでも生活費を怒るのはもうたまらない、早く離婚にしたいと、前から離婚調停などを行ってきました。

しかし、カイヤさんが難色。

そこで今回の裁判となったわけですね。

カイヤさんはなぜ難色を示している?

それてまは、なぜカイヤさんは離婚に難色を示しているのでしょうか。

それは、麻世さんのお爺さんとの約束だというのですね。

本人は大真面目にそう言っています。

川崎家の墓は自分が守ると約束したのだとか。

でも、ジャーナリストたちはそれは詭弁に過ぎないとバッサリ否定。

真相は、カイヤの、出演している番組は現在一本しかなく、その題名は「ミセス・マートTV NEO」つまり、「ミセス」であることが条件なんですね。

離婚しちゃったらミセスじゃなくなってしまい、貴重な収入源を失ってしまうわけです。

それが離婚をしたくないわけだとも。

それもあるかもしれませんが、やはり離婚してしまったら、毎月の住居費、生活費も入らなくなる、という切実な理由の方がわかりやすい気もします。

まあ、このあたり、様々な理由があってのことですけど、実際は夫婦二人にしかわからないことですからね。

30日に、カイヤさんはブログで「裁判中なのであらゆる誹謗中傷はやめて」と麻世さんに呼びかけました。

麻世さんに誹謗中傷を言うなと言いつつ、なぜ自分が麻世さんに直接言わず、ブログで拡散するのか、という意見も見られますね。

これも、不利になりそうな裁判を少しでも有利にということでしょうか?

まとめ

裁判の行方はわかりませんが、成人しているお子さん二人がお母さんをしっかり守って幸せになった方がいいのではないかと言う気がしますけど、どうでしょうか?

いつまでもあずるずるせずにね。

みんなが幸せになるのが一番ですよ。

私はそれを願ってます。

PR




PR




sponser

-話題

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.