タレント

水瀬遥 TikTokerの「二ノ国」声優デビューへの反響

女子高生TikTokerの水瀬遥さんが、この9月に公開される予定の大作アニメ「二ノ国」の声優として起用されるとのことです。

水瀬遥とは

現役の高校生で、アーティストボックス所属のコスプレイヤーさんです。

コスプレは、小学生の時に、ハロウィンの仮装で目覚めたのだそうです。

コスプレをみんなに見てもらいたくてTikTokで配信し始めたのがきっかけです。

TikTokでのフォロワーは現在23万近く。

Twitterは、15800近くのフォロワー

インスタのアカウントは見つかりませんでしたが、水瀬遥というハッシュタグはありました。

「二ノ国」とは

「二ノ国」は、レベル5が製作したコンピューターRPGです。

音楽が久石譲、ジブリが制作協力という、単なるゲームの枠を超えた一大メディアとなっています。

最初のシリーズ「二ノ国 漆黒の魔導師」は、2010年にニンテンドーDSで発売されていますから、そろそろ10年という長い間、ファンを掴み続けた名作ゲームなんですね。

そのゲームが2019年に映画になる、とあって、ゲームファンは映画の公開を楽しみにしています。

ワーナーブラザーズ・ジャパン合同会社が、「歴史に名を残す一大ビッグプロジェクト」と銘打って制作発表していますので、この映画にかける期待も大きいでしょう。

さらに、声優オーディションが行われることで話題となっていました。

オーディションの上位1男女名ずつには、声優キャストとしての出演権、そしてエンドロールへの名前掲載とありました。

水瀬遥さんは、これに応募して勝ち抜いたわけですね。

ただし、声優オーディションの概要には不思議な文句が。

それは

「演じていただく役にはセリフもご用意しております」

というもの。

声優ですよね。

セリフがなければなんなんでしょう?

ちょっと不思議です。

水瀬遥は、TikTokerがなぜ声優に?

TikTokといえば、声を出さずに、表情やダンスで表現する動画です。声優としての力はどうなのでしょうか。

TikTokerとしたなら強みである、表情や身振り手振りをすべて封じられ、声だけで勝負するのか声優です。

TikTokerとは真逆の仕事です。

そんな声優にTikTokerの水瀬遥さんがどうして挑んだのでしょうか。

それは、もともと水瀬遥さんは、TikTokerというよりは、コスプレイヤーであり、SIRIの真似をすることで有名な方なんですね。

声の良さには定評があったんです。

これは、その一つの動画ですが、とてもいい声をしていますよね。

世間の反応

声がいいことで定評がある水瀬遥さんですが、声優となると、世間の風は少し冷たいようです。

「舞台で活躍する俳優とか,実力ある人もいるし,この手の特別ゲストにいちいち本職使え都はいうもりはないが,今回は言いたい。「本職使え」

「ワーナーと手を組んだビックプロジェクト。さらにはジブリのスタッフまで使って、主演はまさかの声優初挑戦の若手俳優。脇役とはいえ、ど素人をただの話題作りのために起用!このチグハグっぷりが日本映画の悪いところを寄せ集めたような感じだね。」

「歴史に名を刻む一大ビッグプロジェクト」というのなら,役者さんや話題となっている方を起用するのではなく,本職の実力派の声優さんを使ってください。このままだと,悪い意味で「歴史に名を刻む」かと。

sponser

-タレント

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.