heder

話題

岡田朋峰さんの「ミスインターナショナル日本代表」の歴史を解説!インスタ,家族も

投稿日:

ミスインターナショナル日本代表選考会でグランプリを撮った岡田朋峰さん

岡田真澄さんの娘,岡田朋峰さんが,ミスインターナショナル日本代表選考会グランプリにかがやきました。

デンマーク人と日本人のハーフであったお父様 岡田真澄さんに似て,目鼻立ちのはっきりした方ですね。

岡田朋峰 グランプリ

インスタは

選考会では,インスタフォロワー数も審査対象になるとのことですが,さっそく調べてみました。

tomomi_okada_official というアカウント名で,10月24日のフォロワーは1,355人でした。

最初のインスタ画像は,これ

岡田朋峰 ミスインターナショナル日本代表

ミスインターナショナルのファイナリストになったときの写真です。

オフィシャルインスタは,これがスタートですね。

日本代表選考会の第2位,第3位は?

第2位は,準ミス代表 文元麻由奈さん

第2位
第3位は,準ミス代表 寺西麻帆さん

です。

お二人ともきれいな方ですね。

ミスインターナショナル日本代表とは

今回,岡田朋峰さんが選ばれたミスインターナショナル日本代表とはどのようなものなのでしょうか。

調べてみました。

すごい歴史

1960年ミスインターナショナルビューティページェント誕生の年、日本からは高水美智子さんが出場しています。

なんと1960年ですから,今年で58回目なんですね。

すごい歴史のあるものです。

その歩みについて調べてみると,どんどん日本人が躍進していることがわかりますよ。

 

1964年には,社団法人国際文化協会が初めて日本代表を選出しました。

その時の日本代表は清水静子さん(東京都)でした。

現在は「一般社団法人 国際文化協会」が選出しています。

初めてのセミファイナル~初めてのフォトジェニック

世界大会で初めてセミファイナルまで進んだのは,1965年

日本代表・松井尚子さん(福岡県)です。

福岡県の方でした。

 

1967年には,世界大会において佐々木裕子さん(東京都)が日本人で初めて「1967ミス・フォトジェニック」に輝きました。

じわじわと活躍の幅が広がって言います。

日本での開催

1968年には,世界大会が初めて日本で開催。

これは,2年後に控えた 日本初の万国博覧会(1970年大阪)を記念したものです。

日本武道館で行われました。

2年前にビートルズが武道館で演奏したとき,武道のための施設で外国人の音楽をやるとは!とずいぶん反対があったそうですが,たった2年で美の親善大使を選ぶイベントが開かれるようになっていたんですね。

日本人の意識もどんどん変わっていきます。

 

1970年には,日本万国博覧会の会場(大阪)で世界大会が行われました。

そして,なんとここで日本人初の入賞者がでました。須田敏恵さん(山梨県)が第4位に選ばれたのでした。

躍進!

ついにその時が・・・!

1983年に,岡田真澄さんが,ミス・インターナショナルの司会者になります。

それから22年間2005年までMCを務められました。

 

2002年には,日本人最高位「第3位」受賞。 漆島華さん(京都府)

そして,その時はやってきます。

 

2012年

吉松育美さん(佐賀県)は日本人初の「優勝」!

 

58年の歴史の中で,たくさんのドラマが繰り広げられてきたのですね。

ファイナリストの審査

最終審査に進んだファイナリスト8名には、「美の親善大使」として出場するための「強い意志」を自分の言葉で表現する,という課題が課せられます。

また, 「美」に通じる洗練された身のこなし

知性と教養を備えた、人を惹き付ける魅力。

これらが審査されるそうです。

 

きれいなだけじゃだめ。

知性と教養が必要なんですね。

岡田朋峰さんは,幼少のころからお父さんに身のこなしやテーブルマナーなどを教えられてきました。

気品については,しっかりと身に着けてきているんですね。

選考会の特別賞

以下の特別賞があります。

それぞれ今年の受賞された方をお知らせしますね。

パーフェクトボディ賞

ビューティスキン賞

ハッピースマイル賞

Webジェニック賞

2017年の選考会

現役東京大学生の杉本雛乃さん(すぎもと・ひなの/20)がグランプリの栄冠

さらにパーフェクトボディ賞も受賞し、2冠を達成した杉本さんは,東京大学工学部物理工学科に通う当時3年生でした。

英語が堪能,特技はキックボクシングという才色兼備の方でした。

天は二物を与えずといったのはだれでしたっけ~?

プロフィール

さて,ここであらためて岡田朋峰さんのプロフィールです。

生年月日:1998年

年齢:20歳

身長:172cm

出身:東京都港区

大学青山学院大学で、国際コミュニケーションを専攻

現在大学2年生

世界に友好の和を広げ、社会貢献できる女性になりたいという夢を持って学んでいます。

家族について

朋峰さんは,岡田真澄さんの三人目の奥様のお子さんです。

26歳年下のキャビンアテンダントだったそうですね。

真澄さんは朋峰さんが7歳の時に70歳でお亡くなりになりました。食道がんとのことです。

 

二番目の奥様 藤田みどりさんとの間に3人のお子さんがいるため,兄弟は4人ということでしょうか。

そのご兄弟の一人,岡田真善さんは,俳優でDJをなさっています。

 

また,堺正章の元奥様,岡田美里さんは,岡田真澄さんの兄,E・H・エリックの次女。ラジオDJの岡田眞善さんとは,従妹になります。ということは,岡田朋峰さんとも従姉ということになるのでしょうか。

しかし,すごい家族関係です。

岡田真澄という父親について,朋峰さんが思うこと

朋峰さんは,真澄さんから「どんなときもエレガントで気品を忘れない女性でいるように」と教育を受けていたとのこと。

テーブルマナーも,幼少のころからしっかり教えられました。

お父さんに似ているところ,と聞かれて,

「人格そのもの」

「父は気品やエレガントな方でその部分を受け継いだと思います」

と答えています。

岡田朋峰さんの,来年の親善大使としてのお仕事から目が離せませんね。

PR




PR




sponser

-話題
-, , , ,

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.