日本で一番多い誕生日はいつ?

ネットで,日本で一番多い誕生日について話題になっていたので,調べてみまsチア。

普段そんな事は考えたことも何もないのですが,改めて問われるととても気になりますね。

ワタシ的には,特に多い日というのはないんじゃないのかと思っていましたけど,やはりありました。

日本で一番多い誕生日は,12月25日,4月2日,9月25日

一番といっているのに,3つだしてきたのにはわけがあります。

当然年によって違うからですが,この3つがだいたい1位,2位にいるんです。

例えば,2016年に週刊女性が調べた過去10年分のデータによると,12月25日が一番多いという結果がでています。

https://news.livedoor.com/article/detail/11941617/

また,「誕生日の人が一番多いのは何月何日?日本人のバーズデーランキングをチェックしてみよう」では,厚生労働省のデータをもとに,4月2日と言っています。

12月25日に多いのは,クリスマスに出産調整をする人が多いからだという話がありますし,年末年始の休暇に関連した病院側の都合ではないかという話もあります。

病院側の都合というのはあまり考えにくいですが,イエス様のお誕生日に合わせて生むというのはとても考えやすいことですね。

4月2日というのは,かなり実利的な話です。

日本の学制では,4月1日に生まれた人は,前年度の1年として,4月2日に生まれた人から次の年度の1年生として入学するんです。

4月1日に生まれた子は,その学年で1番遅く生まれた子になります。

また4月2日に生まれた子はその学年の1番最初に生まれた子になります。

たった1日の違いで,4月1日生まれの子どもはおよそ1年間の差がある子達の中で勉強することになります。

ですから,3月末あたりから4月1日にかけて生まれた子どもは,4月2日生まれということに調整して,次の学年の最お兄さん,最お姉さんになれるようにすることは十分考えられますね。

また,9月25日はどの統計にもかならず上位に顔を出しています。

2014年までの10年間の厚生労働省のデータでは,9月の誕生が突出して多いのです。

9月誕生ということは,妊娠は11月

祝日があって休みやすい月で,ちょっと余裕を感じる時期なので,妊娠しやすいのではないかという節があります。

そういうわけで9月生まれが多いという理由は納得できますが,なぜ25日なのか。

これは,はっきりしません。

9月生まれが多いのは,世界的にある現象のようですね。

一番少ない誕生日は?

対して,1番少ない日は,当然うるう年の2月29日

ついで,正月,1月2日,1月3日が並びます。

この日を誕生日にしないように調整していると言われていますね。

1月1日に生まれたらめでたいですけど,本人にとっては,正月でめでたいのか,誕生日でめでたいのか,わからないですからね。

ワンクリックお願いします

コメントを残す

こちらから,他のトレンドニュースサイトへ
人気ブログランキング