話題

オーバーシュートとは何か~新型コロナ感染症の爆発的拡大の驚愕のシナリオを起こさない

3月19日,新型コロナウイルス感染症の政府専門家会議が,

「今後、感染源が分からない患者が継続的に増加し全国に拡大すれば、どこかの地域を発端として爆発的な感染拡大(オーバーシュート)を伴う大規模流行につながりかねない」

との提言を出しました。

多くの人が,何度も発せられるオーバーシュートという言葉にとても気になったようです。

この記事ではオーバーシュートについて,あらためてまとめてみました。

医療で使われるオーバーシュートとは

オーバーシュートとは,金融用語として使われることがありますが,

医療用語として使われる場合は,感染症の爆発的拡大のことを示します。

測定値が予測を遥かに超えることです。

現在,イタリアがそのような状況になっています。

このグラフでその驚異のイメージがつかめるでしょう。

オーバーシュートはどのようにして起きるのか

感染者が増えた場合,都市封鎖などをせずに放置した場合にオーバーシュートは起こると言われています。

また,経路不明の感染者が増えるとオーバーシュートを起こすとも言われています。

感染の3つの要件である,密閉,密集,密接という条件にあたる場所や機会が多い大都市圏の方が発生しやすいとも言われています。

専門家会議では,オーバーシュートが起きた時は「取り得る政策的な選択肢はほとんどない」とのことです。

なんとかしておきないようにしたいものですね。

もしオーバーシュートがおきたら~驚愕のシナリオとは

もし人口10万人の町で患者が爆発的に増えた場合どうなるのか,ということについて,専門家会議は次のような驚くべきシナリオを示しています。

会議メンバーの西浦博北海道大教授(感染症疫学)の推計によると,

オーバーシュートが起きた時,都市封鎖などに踏み切らず放置した場合,最終的に住民の8割が感染し、医療が崩壊する。とのことです。

  • 1人の感染者から2・5人程度に感染が広がる
  • 1日当たりの新規感染者は流行50日目で5414人
  • 日目には人工呼吸器が必要な重篤患者が1096人
  • 人工呼吸器が不足して医療提供体制の崩壊
  • 最終的に人口の79・9%が感染する

オーバーシュートをおこさないためには

地域の状況に応じて対策を

感染拡大中の地域は休校も選択肢など,自粛解除、休校解除は地域の状況に応じて行うことが必要です。

オーバーシュートだ!と慌ててパニックになる必要はなく,感染しないように注意を続けていくことが必要です。

感染しやすい3条件を避ける 密閉,密集,密接

個人にできることとしては,以下の「感染しやすい3条件」を徹底して避けることが,重要です。

  • 密閉空間 換気が悪いところ
  • 近距離での会話,発声する場所
  • 手の届く距離に多くの人がいるところ

今日の学び

オーバーシュートは一度起きたら,取りうる制作的な選択肢がほとんどないので引き起こさないこと

そのためには,制作的には,地域に応じた対策をすること

個人的には,感染しやすい3条件を徹底して避けること。

このようなことだと思います。

そして,最も大切なことは,

自分だけは・・・と思わないこと。買い占めなどによる行動はパニックを引き起こします。

そして,差別や偏見を決してしないこと

これだと思っています。

内容

sponser

-話題
-,

Copyright© 学ぼうネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.