ドラマ

下町ロケット最終回 感想 「残業だああああ!」軽部が本気出し,イモトが「かるちゃんのおかげ」

最終回も軽部回でした。

軽部が熱い思いを出してくるのです。

「残業だあああ!」の言葉で・・

もう次期社長は,財前でいいでしょ

ダーウィンもアルファ1も走行テストは完了。

(首相がモロボシダンだったことは,知る人ぞ知る。ウルトラセブンですよ)

 

的場は、日本の農業のニーズのことを考えず、不具合がでているのにもかかわらず目先の利益で、先行販売しようとする。

藤間社長に、この前のように的場を叱ってもらいたい。

発売に間に合っても、ニーズがなければ何にもならないのにそれを押し通そうとする的場。

器も能力もない的場は、結局社長には向いていないと思います。

 

もう,財前でいいと思います。

 

それに比べて、藤間社長はやはりかっこいいですね。

公明正大です。

 

しかし,その藤間社長を追い落とそうとする的場でした。

トランスミッションの性能評価テストは,帝国重工対佃製作所の内製化,外注化ということと同時に,藤間社長と的場の、トラクターによる代理戦争と化してしまいました。

藤間社長の命運を握るのは佃です。

最終回まで、ドキドキの展開です。

軽部から目が離せない

軽部がついに本気出します

「残業だあ!」

拍手喝采でしたが,うーん。お子さんのお迎えに行かなくてもいんですかね。

それはそれで,心配が残るところでした。

佃製作所の面々は必死に問題と向き合い,不具合がギアではなくシャフトであったことを突き止めます。

原因を突き止め,

「シャフトだあああ!」

と叫び,

「悪い数値じゃないでしょ。」

と誇らしげにいう軽部を見て,ようやく,信頼関係が出来上がったことを感じました。

こんな佃製作所に転職したい・・・

ダーウィンが停止した・・・

性能評価テストは,帝国重工Cに対し,佃製作所はA評価。

帝国重工の設計思想は古いという辛辣な評価を得てしまいます。

 

そして,帝国重工のトランスミッション内製化の夢はつぶれ,佃がになうことに。

トランスミッション・メーカーとしての新たな出発を喜ぶ佃製作所の面々でした。

イモトの「かるちゃんのおかげ」ということばに はにかむ軽部の硬直した顔がなんとも言えません。

 

対して,ダーウィン計画は,着々と進行。

注文が200代も入るのですが・・・

みんなで喜んでいるその後ろでロードされたメールには,

「ダーウィンが停止した」・・・

結局,ギアゴーストの氷室の傲慢さが命取りになるのでしょう。

残ったもやもやを回収して!

停止したダーウィンについて,ギアゴースト伊丹はどうするのか

■軽部は残業してもよかったのか問題。

きっと,その日は迎えに行かなくてもいい日だったんだと思いたい。

■的場は敗北するのか?

もう後がない,結局藤間社長に価値を譲った形になった的場。

かれはまだ,策を弄するのか?

それとも時間切れ?

■農協の悪党面々はどうなるのか?

農協の古川雄大は,まだ成り行きの状況をつかめず,これからどんなことがおこるのかがわかっていません。

ぎゃふんということになるのでしょう(古い。昭和)

これらのことが,まったく回収されないまま終わってしまいましたね。

まとめ

結局,終わるとは言っていない最終回でした。

あとは,新春スペシャルに持ち越しです。

これらの伏線が全部回収され,スカッとしますように!

 

sponser

-ドラマ

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.