heder

エンタメ

まんぷく:菅田将暉が演ずる弁護士・東太一のモデルはだれ?

更新日:

2014年の朝ドラ「ごちそうさん」で好演し,俳優としても歌手としても大人気の菅田将暉が,「まんぷく」で安藤百福をたすける弁護士・東太一としてもうすぐ登場します。

菅田将暉

2018年12月17日 ついに登場しました!

今朝のまんぷくで初登場です!

全く目を合わせられない東弁護士役!

さあ、萬平さんを救ってくださいよ!

期待してます!

安藤百福の裁判とは?実在の弁護士は?

まんぷくの立花萬平のモデル,日清食品の創業者で,チキンラーメン,カップヌードルの生みの親,安藤百福

 

彼は,戦後製塩業や漁業を手掛けていましたが,地元の若者をやとって,奨学金という名目で「小遣い」を与えていました。

百福としては,その事業で儲けようという気はなく,地元の若者を助けもりあげようというボランティア的な意味合いがあったのです。

ところが,1948年に日本を統治していたGHQから脱税の嫌疑をかけられます。

それは,「奨学金」を「給料」とみなされたためです。

つまり,奨学金は所得であるから,源泉徴収してその分を納税しなければならないのに,納税していない,つまり脱税だということなんですね。

 

若本を助けるためであっても,はたからみれば,働いた若者に給料をやっているというように見えてもしかたないですが,実際はそうではなく,前述したとおり,それで儲けようという事業で

はなかったのです。

百福としてはいいがかりだとしか思えなかったことでしょう。

 

判決もすぐにおり,なんと4年間の重労働の刑

その上,個人名義で所有していた不動産がすべて没収,ということになってしまいます。

 

GHQは,「納税義務に違反した者には厳罰」という談話を述べるとき,百福の名を挙げていっているため,百福からすれば見せしめに使われたという気がしたそうです。

 

その後,百福は弁護団を結成して,この処分の取り消しを求める裁判を起こしたのです。

そして,それを支援したのが,法学者,黒田覚でした。

劇中,東太一のモデルは黒田覚のことだと考えられます。

東太一を演ずる菅田将暉の言葉

菅田将暉

劇中の東太一について,NHKの公式サイトには次のように書かれています。

「理不尽な理由で逮捕され、有罪となった萬平を助けるために、福子が依頼した弁護士。事務所を開いて2年目と経験は浅いが、東京帝大法学部を首席で卒業した優秀な頭脳と、強い正義感を併せ持っている。初対面の相手とは目を合わせられないというシャイな一面がある。」

このシャイな役どころ,菅田将暉さんはどう演じるのでしょうか。

菅田将暉さんは,次のようにコメントしています。

武力を捨て弁論で戦っていこうとする人たちを少しでも風当たりのよいところへ連れていってあげられるように、微力ながら頑張りたいと思います。」

私は,「武力をして弁論で戦っていこうとする人たちを少しでも風当たりの良い所へ・・・」ということばにぐっときました。

実に,楽しみですね。

更新履歴

2018-11-4 記事公開

2018-12-17 追記

 

PR




PR




sponser

-エンタメ

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.