heder

スポーツ

貴景勝の座り方が可愛い と稀勢の里に金星力士の評判

投稿日:

秋場所で、1人横綱の稀勢の里を突き落としで破った貴景勝

貴乃花部屋の消滅により千賀ノ浦部屋に移籍するなど波乱の状況からの出発で、見事な金星に賞賛の声。

しかし、この勇猛な貴景勝、実はとてもかわきいと評判なんですね。

それは、入場や、勝って席に戻る時の「座り方

これがとっても可愛いのです。

貴景勝の座り方

まずは、中腰に座り(いわゆるう◯こ座りというやつですね)

それから、グラングランと体を前後に動かして弾みをつけてから、

貴景勝

ボンッ

という感じで腰を落とすのです。

この仕草の可愛さに胸をキュンとさせる人も。

貴景勝の座り方に胸をキュンとさせる人たち

貴景勝光信のすごい戦績

本名は,佐藤貴信といいます。

「貴」は,1996年の出生当時横綱だった貴乃花から1字もらっているんですね。

ちなみに「信」は織田信長からです。ご両親が,信長に何らかの傾倒をされているんでしょうね。

さて,そんな貴信さんは,入るべくして貴乃花部屋にはいったのですね。

その時のご両親の思い,うれしさはいかばかりだったことでしょう。

そして,本人も。

極真空手を習っていた!

幼少期は,極真空手をならっていたそうです。

ずいぶんつよかったのでしょう。

小学校2年生では決勝までいきます。

しかしその判定に納得がいかず,判定のない相撲を始めたとのこと。

小さいながらも負けない気持ちがすごくつよかったのですね。

貴乃花部屋のキッズクラブに兵庫県から通っていた!

お父さんは仕事があるのに,相撲に転向した貴信君の指導を一生懸命にしたそうです。

小学校4年生から6年生の間まで,3年間も,芦屋から東京の貴乃花部屋のキッズクラブまで稽古に通っていたというのは驚きです。

すでにこのころから,照準を貴乃花部屋にあてていたんですね。

お父様の気持ちの強さに感服します。

中学校以後の戦績

以下,華々しい活躍をあげていきます。

  • 3年次に全国中学生相撲選手権大会に優勝し中学生横綱のタイトルを獲得
  • 関東高等学校相撲選手権大会の無差別級で2連覇
  • 全日本ジュニア相撲選手権大会の無差別級2連覇
  • 高校全国大会7タイトル獲得
  • 世界ジュニア相撲選手権大会の無差別級で優勝

貴乃花部屋への入門

高校卒業を待たずして,9月場所から貴乃花部屋に入門。初土俵を踏みます。

しかし高校には通い続け,卒業もしています。

戦績

2018年9月場所終了現在の戦績を調べてみました。

通算成績:179勝105敗4休(25場所)
幕内成績:91勝70敗4休(11場所)

殊勲賞:2回(2017年9月場所、2017年11月場所)
敢闘賞:1回(2017年3月場所)

金星
日馬富士2個(2017年9月場所、2017年11月場所)
稀勢の里1個(2017年11月場所)

十両優勝:1回(2016年11月場所)
幕下優勝:1回(2016年3月場所)
序二段優勝:1回(2015年1月場所)
序ノ口優勝:1回(2014年11月場所)

かわいいなんていったのだれ!

以上,貴景勝のプロフィールや戦績を見てきましたが,率直に言って

「だれ!かわいいなんていったの!」

という感じの華々しい強さですね。

現在小結の貴景勝が,新しい部屋でどんどん昇進していくことを祈っています。

PR




PR




sponser

-スポーツ

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.