季節

宝くじがよくあたる人の特徴とは?買い方にもコツがある

年末ジャンボ宝くじ
たくさんのデータの中から,一定の特徴が浮かび上がってきます。
この記事では,高額当選者の特徴をまとめてみました。

データから見る高額当選者の特徴

こちらに,データからみたさまざまな分析が書かれていました。

それによると,

  • 高額当選者は,60歳以上の男性が一番多い
  • 苗字が「K」の人が男性も女子も一位
  • さらに男性だと「K.S」「K.K」「M.K」、女性だと「K.K」「M.M」「M.S」
  • 男性はみずがめ座 女性は牡牛座
  • 血液型はA型
  • 職業は会社員 ちなみに2位は無職
  • 購入枚数は30枚
  • 当たるまでの保管場所は机
  • 購入歴は10年以上

というデータが浮かび上がってきて,おもしろいものです。

当たり前ですが

60歳以上の男性が一番多いのは,単に,その年代の男性が一番多く買っているから出そう

職業は会社員が一番というのも,考えてみれば当たり前です。

購入歴10年以上が一番多いというのも,そりゃそうだろうというデータですね。

母体が多ければ多いほど,そのくくりから生まれる当選者は多くなります。

血液型もA型は40%もいてダントツなんですから当たり前ですね。

なんで,イニシャルKの人が高額当選者で一番多いのかは謎

当たり前の結果の中には首をひねるものも。

苗字がKの人が一位。

苗字がKの人が最もたくさん買っているということですよね。

一般的に考えて,「佐藤」「鈴木」などが多いといわれているのから見ると「S]ではないかと思うのですが。

 

そこで調べてみたら,吹き出してしまいました。

Yahoo!知恵袋で,「一番多いイニシャルはなんですか」という問いに,次のような答えがあったんです。

「一番多いイニシャルは「T.K」ではないかな?宝くじの当選者のイニシャルが発端みたいですが、多そうなのはわかります」

宝くじの当選者のイニシャルが一番多いからという回答でした。笑ってしまいますよね。

 

そのほか,日本人で一番多い苗字のイニシャルを調べてみても「K」から始まる答えはないんですね。

とすると,なぜ,「K」のイニシャルの人が一番多いのかは謎です。

みずがめ座 牡牛座も謎

また,男性はみずがめ座 女性は牡牛座ということですが,これも謎。

なぜならが,人口が一番多いのがみずがめ座や牡牛座というわけではないからです。

 

2014年の調べでは,一番多い人口はてんびん座ということでしたが,それ以降はよくわかりませんし,毎年,数は変わるはずですね。

ですから,生まれ星座には何か関係がある,というわけではなく,単なる偶然だと思われます。

高額当選者の買い方のこつとは

高額当選者に聞くこつは,実は当たり前のことが多いのです。

確率によるわけですから,そこから考えて勝っている人の中に高額当選者がいるのは当然といえば当然ですね。

購入時期をばらす

発売期間の初期,中期,後期に分けるという買い方。

宝くじ売り場では,「ユニット」という単位で売られるので,ユニットを分ければ,そこに当選くじが入っている確率は高いというわけです。

時期を分けると,ユニットが変わるという考え方からですね。

これはうなずけます。

よく当たる売り場で買う

これは縁起がいいという意味ではなく,やはり確率の問題です。

よく当たる売り場は,よく買われる売り場です。

たくさんのくじが買われるので,販売される単位「ユニット」も多くなります。

ですから,その分当たりくじの数も多くなるんですね。

買い方には違いはない

セットで買うか,連番で買うか,バラで買うか,それぞれよさはありますが,確率的なちがいはありません。

セットで買うと,10枚に1枚は必ず末等は当選します

連番だと前後賞が狙えます。

バラは,ドキドキ感が味わえる,とでもいえばいいでしょうか。

まとめ

高額当選を狙うなら,10年以上買い続けること,発売期間の時期をずらして,できるだけたくさんあたりがでる店からたくさん買うということです。

当たり前のことですね。

くじに「必ず」はないということです。

 

sponser

-季節

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.