heder

タレント

ヴァニラさんが疑われている整形依存症とは?顔面崩壊のおそれは?

投稿日:

「フランス人形になりたい」

テレビ出演により,整形を繰り返す壮絶な姿が話題となったヴァニラさん。

これまでに行った手術は数えきれないほどで,使ったお金は2億円を超えるという話です。

そんなヴァニラさんは,整形依存症ではないかとうわさされていますが,私は整形依存症ではないと考えています。

ヴァニラさんが整形依存症ではないかと思われるわけ

ヴァニラさんが整形依存症では?と思われているのは,そのあまりにも激しい整形を繰り返す姿。

そしてかけた2億円ものお金。

 

手術が行われる月は,600万くらいはかかるという金銭感覚であったり,手術後1年かけて少しずつよくなるという話だったり。

一般の人にはなかなか受け入れられない話が多いので,これは依存症ではないかと疑われているのです。

フランス人形になりたい

ヴァニラさんの言葉に

「人間とは明らかに違う二次元に近い顔にずっと憧れていた」

そのフランス人形になりたい,というものがあります。

現在8%くらいまでは近づいたというヴァニラさん。

 

もともと,人間とは明らかに違う顔にあこがれていたんですね。

一般的には,いくらかわいくてもそういう顔になりたいとはなかなか思わないんじゃないでしょうか。

そんな顔になりたくて何度も手術を繰り返し,2億円もかけてきてまだ8%というあたりが尋常ではないというとられかたをされているのでしょう。

痛みでビビったりはしない

ヴァニラさんはこうも言っています。

「怖い」「痛い」よりも「今の自分でいる」ほうが私は辛い。

理想に近づくことが楽しくて、痛みでビビったりはしないですね。

痛いことよりも,今の自分でいる方がつらい。

こうまで思うほど生計を繰り返して,自分なりの美,つまり「フランス人形」に近づきたいというのです。

すごい覚悟ですね。

痛みよりも整形。

こう公言することも一つの要因かもしれません。

1年間後遺症に悩まされても平気

2012年ころに,おでこの手術をしています。

その時に,後頭部を全切開,皮膚をめくっておでこに人工骨を入れてまた縫合するという6時間に及ぶ手術です。

それまでに受けた手術の中で一番の激痛。

 

顔がはれ上がって別人になる。

後頭部を縫っているから,痛くて仰向けに寝ていることもできない。

顔の神経は一度キレいているので,表情を作れない

感覚もわからない。

そんな状態が1年も続き,徐々に感覚が戻ってくる。

 

そして,それでもまたやる。

これが依存症でなくてなんだろうか・・・というわけですね。

確かに壮絶です。

トータル2億円越え

そして,一番の理由に思えるのが,2億円もの金をかけてまだ8%という話です。

手術がある月は,レーザーや点滴や注射などをしたり,エステなどにもいくので,600万はかかるのだとか。

手術のたびに600万。

 

一般の人間なら,そんなお金があれば他に幸せになれる方法はたくさんあるだろう,と思うのですが,ヴァニラさんはそうは考えない。

なんでそこまで・・・

 

彼女なりの追及すべき美があるからとはいっても,あまりにお金をかけすぎではないか・・・

依存症では・・・

というわけですね。

整形依存症ってそもそも何?

そもそも整形依存症って何?っていう話です。

 

言葉では簡単に◯◯依存症といいますが,整形依存症の場合は現れ方がいろいろあり,簡単に語れるものではないそうです。

そもそも「整形依存症」という言葉自体,クリニックの医者は使わないと言っています。

その上で,早稲田メンタルクリニックのの院長は,

整形依存とは、人生の問題を美容整形によって解決すると考え、それに頼り、自分の意志で行動決断することが困難な状態になってしまったものを指すと思われます。

と言っています。

度重なる手術で体調を壊したり,自分が払えない額の費用をかけてしまったり。

 

それでもやめられない人のことです。

統合失調症,強迫性障害,集計恐怖症、神経症など,さまざまな原因があり,それにより治療もことなります。

ヴァニラさんは整形依存症ではない

上のようなことから考えると,私はヴァニラさんは,整形依存症ではないと考えています。

ヴァニラさんは,精神的に病んでいるなど,なんらかのあ病気があるわけではありません。

統合失調症や,強迫性障害,神経症から来ているわけではないのです。

 

整形については,きちんと調べ,できること,やったほうがいいこと,その順番,ちゃんと調べて計画的に行っています。

ヴァニラさんは次のように言っています。

何も考えずに手当たり次第整形しているっていうイメージを持たれがちですけど、ちゃんと自分なりに調べて徹底的に分析してやっているので。

先生に「医者より詳しいね」って言われることも多いくらいです。

また,次のようにも言っています。

整形すれば美しくなれるとか楽しくなれるっていう考えだったら止めたほうがいいと思います。

ヴァニラさんは,「フランス人形になりたい」という独自の美へ向かってストイックに進んでいるのです。

特に,「整形すれば美しくなれるというわけではない」と考えているところが,整形依存をしていないことの表れであると思うのです。

2億円ものお金どうした!

みんなが気になるのが,この「2億円」ものお金。

いったい,このお金はどうしているのでしょうか。

 

実は自分でちゃんと働いて稼いだお金なんですよね。

夜のお仕事なのですが,美しくなればなるほどどんどんお金が入ってくるといういいサイクルになっているとのことです。

 

お金をためて成型する。

きれいになる。

そしたら人気が出て,たくさんお金が入ってくる。

その流れができてきていると。

だから,手術のある月は600万ということを平気で言えるのですね。

ヴァニラさんにとって,整形手術と言うのは,それ自体が美への投資であるわけですね。

顔面崩壊の危機は!?

よく顔面崩壊の危機といわれているようですが,インスタの画像を見ると,「あ~これは・・・あかんやつや・・・」と思うような画像はあまりないと思います。

それなのに,なぜか顔面崩壊の危機を心配している記事を見かけます。

 

顔面崩壊とは,そんな症状があるわけではなく,いわゆるよく使われるそんな雰囲気の言葉とおもっていればいいでしょう。

崩壊したような顔面というような意味合いですね。

整形を繰り返して,あそこを盛り上げ,ここをけずり,人口の骨をいれ,注射を打ち・・などを思うがままに繰り返していくうちにとんでもない顔になってしまう。

それは当然想像がつくことです。

 

子どものころ,絵を描いているときに,ああでもない,こうでもないと絵の具を塗り重ねていくうちにとんでもないことになった経験がみなさんにあるでしょう。

そんなものです。

 

高須クリニックの高須院長は,整形の繰り返しにより「顔面崩壊はありうる!」といいます。

 

美人とはバランスがとれた顔なのに,目は大きく,あごは細くなど,自分のイメージのままにあつかっているようなことを繰り返したり,

片側ずつ手術したり,

「眼瞼下垂」なのに二重手術をしたり,

ヒアルロン酸を打ちすぎたり・・

このようなことを,患者の言うがままにしてあげる医者。

 

こういう場合に顔面崩壊が起こりうるというのです。

 

しかし,ヴァニラさんの場合は,そうではありません。

きちんと研究しながら総合的におこなっていますし,主治医の方もできないことはできないとはっきりいわれているとのこと。

私には,顔面崩壊を引き起こすようには見えませんが・・・

しかし,これからのことはわかりません。

成功するように祈りたいです。

 

ヴァニラさんのインスタ

そんなヴァニラさんのインスタです。

閲覧注意ですよ!

よく心を落ち着けてごらんくださいね。

 

 

 

確かに,人が心配するほどの顔の造形ではありますね。
特に目の大きさと,涙袋がやばいですね。

View this post on Instagram

 

にゃあー♥️ #無機質でフランス人形なロリになりたい

ヴァニラさん(@vani0531)がシェアした投稿 -

まあ,いろいろ言われていますけど,本人はしっかりしています。

 

まとめ

ヴァニラさんの写真を始めてみたときは,正直言って

こわい!

と思いました。

なんで,こんなどの写真見ても同じ,ロボットか人形みたいな顔にするんだろうって。

 

そして,私自身,整形依存症ではないかと疑いました。

しかし,ヴァニラさんのことをいろいろ調べてみると,決して依存症ではないのだと思いました。

 

自分の人生だし,人から言われると少しいやだとは思うけど,一歩足を踏み出しているのだから追求したい。

そんなしっかりと自分の道を歩んでいるヴァニラさんのことを応援したいですね。

 

 

PR




PR




sponser

-タレント

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.