heder

ドラマ

私のおじさん~WATAOJI 第4話感想と第5話あらすじ 泉Pの笑顔で土下座にぐっとくる

更新日:

4話内容 忖度しまくる泉Pにぶちきれる千葉だが,泉は土下座で番組を守った

前回,千葉とこんなことになってしまったひかり

しかし,千葉はそんなことなかったかのように平常運転。

 

さて,今回は泉Pの回でした。

千葉はとにかく視聴者のためによい番組を作るんだという火の玉のようなディレクターですが,みんなとの温度差もあります。

前回はその温度差で,ロケ先で出渕と口論になりました。

 

今回は,泉プロデューサーと衝突します。

『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』の視聴率の低迷は,攻めた企画をしてないからだと,「サバンナで一週間裸でサバイバル」という企画を打ち上げ,事務所みんなで盛り上がりますが,泉Pの対案はしょぼくれたもの。

泉Pは上層部の顔色を窺った番組作りをしようとしていたんですね。

みんなもこんどばかりは千葉の味方。

これに千葉がかみつきます。あの千葉ならそうでしょう。

 

千葉は,しょうもない企画を泉に押し付ける上層部に怒鳴り込みます。

しかし,その千葉をやめさせちゃえば?という上層部を必死になだめる泉P

番組作りと,仲間を大切にする気持ちは人一倍あるのですが,それはみんなには伝わらないのです。

しかし,キャバレーで,千葉をやめささえるのどうのという話がおこなわれていた,その場にいたのが,なんと居酒屋でバイトする娘。

てか、キャバ嬢もやってたのかこの人!

居酒屋でひとり飲んでいる千葉に,その娘が泉が自分を守ってくれていたことを伝えます。

若いころ,泉は千葉にいっしょにおもしろい番組を作ろう!そのためには自分が千葉を守る!と約束していたんですね。

それを全く覚えていない泉に,千葉は怒っていたんです。

でも泉もつらい。

上層部のいうことをきかなければ番組事態を切られるかもしれない。

しかし,おもしろい番組を作りたい・・・

そんな泉が上のいうことばかりきいて番組への愛情がないんじゃないかと思ったひかりはつい泉に意見してしまいます。

そんなひかりにも優しく「あるよ・・」と答える泉。

つらいなあ。

ひかりは,思ったことをキチンと言えたことを自分の成長だと勘違いし,それをおじさんにどや顔で伝えますが,逆におじさんからしかられてしまう。

 

「おじさんも忙しいんだよ」というおじさんは、1人で悩む泉のところにいて,泉の悩みをよく知ってるんですよね。

だから,おじさんは「わかってないね。」「あれはひかりがいうことじゃないんだよ」と叱ったのです。

あとは自分で気づきなさいと言って消えてしまいます。

 

馬場からは,自分のSNSでの社外秘情報拡散の不始末を,泉が上層部に必死にあやまってくれていたことを知ります。

そんな泉に,自分は意見してしまった・・・

しかし,若いころの,千葉との約束を思い出す泉P

このままでいいのか・・・

今度はラップやれ,と相変わらず無茶ぶりをしてくる上層部たち。

しかし,泉Pはこれまでも彼ではありません。番組作りへの情熱を取り戻していたんです。「ふっ・・・」

土下座をして,最初の企画 はだかでサバイバルをやらせていただきます!と表明。

「後は頼んだ・・・」

と千葉に言い残してさっていく泉。

結果として視聴率は13%越え。企画は大成功でした。

千葉とも和解です。

 

4話感想 泉Pの思いにほろっとする。

今回は,泉Pの回でした。

軽い感じでみんなに仕事ばかり押し付けて,上からの押し付けをみんなにそのまま押し付けてくる典型的な中間管理職あるあるのようなキャラクターに見えていましたが,実は,人一倍番組づくりへの情熱をもっていた人でした。

見えないところで頭を下げ,番組とスタッフを守り抜いてきた挙句の,しょぼい企画提案だったんですね。

悩む泉によりそうおじさんを見ていてぐっときました。

ひょっとして泉にもおじさんが見えていたのかな・・・

片や,SNSで大失態を演じてしまい,首になることばかり考えているひかり。

任されたSNSで番組情報をばらしてしまうんですね。

クレームがゾクゾクきてるんだってと馬場にいわれ,目を見開いてびっくり

おじさんからも,自分のことばっかり考えてるんだねといって消えてしまいます。

こんなひかりが泉Pの情熱と見えないところで頭を下げて回ってくれていたことをしり,ほんの少し成長。

そこで,今週の頭ぽんぽんのシーンでした。

5話あらすじ 九条回だ!

第5話は九条回のもよう。

九条は,若いモンスターぶりを発揮しています。

事前の連絡もなしに,「労働者の権利だ」といって有給休暇をとって平然としているんですね。

憤る一同に対し,「ていうか休みの日に電話かけてこないで」と逆切れする始末。

ひかりは九条の分まで仕事をおしつけられます。

 

しかし,それはそれで事情はあるもの。

九条は若きワーキングファーザーだったのです。

その九条の娘が,番組に出演することに。

娘本人があっさりOKを出したので,いやいやながら親子でロケということになるのですが,娘が突然号泣。

「もう無理」と一同の願いを一蹴。

「仕事のために家族を犠牲にするのが偉いとか、そういう考え方を押し付けないでくださいよ」と珍しく激怒,という展開です。

 

第4話で働き方改革がキーワードになってましたが,今回もまさにそう。

九条にもおじさんが見えるのか・・?

PR




PR




sponser

-ドラマ

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.