heder

話題

終活年賀状を40代から始めて人間関係をきれいさっぱりリセットしよう

投稿日:

終活年賀状ってごぞんじですか?

終活年賀状

今,「今年をもって年賀状を送るのをやめます」という文面を添えた年賀状を送ることがじわじわと広がっているそうです。

今年で終了宣言する年賀状,すなわち終活をする年賀状だということで,終活年賀状と言われているんですね。

お年の方との交流がある人は,もらったことがある人もいるのではないでしょうか。

 

私も,過去,1度もらったことがあります。

その方は,その年にお亡くなりになりました。

それほどご高齢で,皆の納得のいく終活年賀状であったわけです。

「もうお歳だから仕方ないよね」って。

40代から始める人の理由

だいたい70以上の方の間で広まっていた終活年賀状。

ところが,近年40代で出す人がちらほら出てきていると話題になっています。

その大きな理由は,毎年の年賀状出しが負担になっているということです。

大掃除をしないといけない時期に,すでに遅くなっていて慌てて書いて出している人も大勢いるでしょう。

かくいう私もそうです。

来年こそは早くから始めようと思いながら,あれよあれよと年末に近づき,気づいたら12月30日。

大慌てで徹夜で200枚書いて31日に投函,なんてことを繰り返しています。

 

また,毎年代わり映えのしない近況を書くのもなかなかつらいものがある・・・・

そして,かなり消耗するんです。

まだ年賀状で消耗してるの?

イケハヤさんのような言い回しをしてしまいました。

しかし,そんな心境です。

年賀状をもらうと嬉しいのに,書くのにかなーり消耗する。

そんな生活から抜け出したい。

 

でも,人それぞれ思いがあります。

新年早々一方的に縁を切られた感じがする,と穏やかでない気持ちになる人がいたり,

何も言わずに来なければ気づかない人もいるし,わざわざ言われるのは寂しいと思う人がいたり。

 

 

このような人の思いは思いとして,まず私が消耗しないことが大事です。

40代から始める終活年賀状の文案

では,40代の終活年賀状の,相手を納得させる文案とはどのようなものでしょうか。

環境を考える人

「紙の使用を控えるために来年から年賀状を失礼します。今後はLINEで送らせていただきます」

ちょっと,こじつけすぎか・・・

人間関係の整理

「人間関係の整理をしております。このたび,10年以上お会いしていない人の年賀状は失礼させていただきます」

FaceBookなどではよくやりますよね。

ちょっとクールか・・・・。

のっかる

喪中欠礼にのっかって,最後に,「なお,来年以降も欠礼します」と小さく印刷する。

ちょっと姑息感があるけど,やりたい人は多いよね。

納得してもわらなくていい。さっさと終活宣言する

そう考える人もいるでしょう。

そんな人は,何も飾らず,理由も言わず

「本年をもしまして,年賀状を失礼させていただきます」

のみで十分。

相手がどう感じようと,それを案じず,私を大切にする

まとめ

この件に関しては,意見は真っ二つにわかれます。

終活年賀状を出したい人と出したくない人です。

または,もらいたくない人と,あってもいいじゃん,という人です。

世の中にはどっち転んでも悪いなんてことはよくあることで,終活年賀状もその一つです。

だから,いろいろ考えてもしかたないので,自分本位で行きましょう!

 

PR




PR




sponser

-話題

Copyright© 学ぼうネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.