やっぱりステーキの売りは?なぜ,人気があるのか?

目安時間 5分

やっぱりステーキ,東京に進出

「いきなり!ステーキ」が客数の大幅減少により,昨年から多くの店を閉店させています。

どうしても,高いというイメージがぬぐいきれなかったので,「いきなり!ステーキ」では昨年11月メニューを改定し,新しく200gをつくりました。

これで,1000円台として,高いイメージを払拭しようとしたんですね。

でも,ニュースや評判をいる限り,なかなか窮状であることはまちがいないようです。

しかし,そのうらで,「やっぱりステーキ」という聞き慣れないステーキが急成長。

昨日,東京に進出しました。

 

経営は,沖縄に本社を持つディーズプランニング。代表の義元氏は,アメリカで10年修行したあと帰国,飲食コンサルタントをしていたそうです。

そして2015年に沖縄那覇市に第1号店を起ち上げました。

いきなりステーキのように大量に閉店させる店が続出するなか,2017年大分を皮切りに,鹿児島,福岡と次々と店舗を拡大していきました。

そして,昨日,なんと51店目にしてはじめて東京進出となりました。

やっぱりステーキ人気の秘密は赤身肉と1000円

出典のたびに,オープン初日から200人近くの行列ができ,待ち時間は2時間以上というような状況が見られたそうです。

その人気の秘密は,メインの赤身肉。そして,1000円という価格。

1000円ぽっきりというのは,魅力です。

さらに,スープ,サラダ,ご飯が食べ放題となっています。

これは,いいですね。

メインのお肉は180gですが,270gだと1480円,というようにボリュームを増やせるようになっています。

肉のおかわりもでき,「替え肉」といって,90g500円で提供されます。

赤身ステーキ,ミスジステーキ,サーロインステーキなどもメニューのラインナップもありますが,やはり「やっぱりステーキ」は赤身肉がメインですね。

ニュースで見ましたが,赤身のイメージのようにかたくはなく,実にすーっとナイフが入り,とてもおいしそうでした。

人気の秘密がさらに

さらに,次のような紹介もありました。

東京店は,「いきなりステーキ」から歩いて2分のところに開店。

強気ですね。いきなりステーキはどう巻き返すのでしょうか。

コメントフォーム

トラックバックURL: 
PR




カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
sponsor
メタ情報
PR




sponser