Apple Air Tagをの便利な使い道 迷子や徘徊などにも

4がつ30日。

Airtagのレビューが上がってますね。

以下、オリジナル記事です。

4月30日にアップルから発売される忘れ物防止タグ「AirTag」がとても便利そうです。

AirTagは、忘れ物を防止すると言うよりは、なくしものを防止する、もしくは無くしたものの位置を正確に教えてくれるとのです。

タグですから、忘れてはいけないものにつけて使います。

はじめ、このニュースを見たときには、「iPhoneを探す」と言う機構の強化版かと思いました。

しかし、「たぐ」とあったので、物につけて使う新しいテメバイスてあることがわかりました。

ネットでは、早速その使い方について様々な意見が上がっています。

私もとても気になります。

Apple AirTagの使い道

使い道に関してはすでにいろいろとアイデアが出されています。

財布、バッグ、家の鍵など。

ペットにつけると言うのもありますね。

また、バイクや車などに取り付けて、盗難された時の位置特定にも使えますよね。

AirTagを、子どもにつける?

こんな意見がありました。

子どもにつけるんだそうです。

物だけじゃなくて、動き回る物にもつけられるわけです。

後で紹介する、10億台のAppleデバイスによる「探すネットワーク」が有れば可能ですよね。

子どもに持たせると言うアイデアについては多くの方が話題にしていますので、新たに記事を作りました。

AirTagを子どもに持たせて見守り 迷子防止できるのか

Air Tagは、徘徊老人の探索にも有効

ということは、認知症の高齢者の徘徊にも一役買いそうです。

「おじいちゃんがいなくなりました。誰が見つけたら教えてください」

「おばあちゃんを保護しましたけどどなたか心当たりはありませんか?」

こんなことがなくなるわけですね。

AirTagは、どのようにしてものを探すのか

AirTagがモノの位置を特定するし口ですが、

「正確な場所を見つける」と言う機能が搭載されています。

正確な場所を見つける

超広帯域無線「UMB)を使うU1チップが搭載されているんです。

この機能は、次のことができます。

  • AirTagのある正確な方向を知らせる。
  • AirTagまでの正確な距離を知らせる

これらを、音や食感で知らせてくれるわけですね。

「あなたの左側九メートルのところにあります」みたいに。

鍵と財布どちらにもAirTagを、つけていて、どどちらも無くしたとき、ユーザーは、タグに「鍵」とか「財布」などの名前をつけることができるので、わかりやすいようになっています。

Appleの「探すネットワーク」

いくら超広帯域無線でも、かなり離れたところにあるタグは見つけられないでしょう。

しかし、この場合「探すネットワーク」が力を発揮します。

iPhoneをはじめ、iPadやApple Watchなど、アップル製デバイスを持っている人は大勢いますよね。

10億台と言われています。

AirTagをなくしたら、AirTagから発せられるBluetooth信号を近くのAppleデバイスが感知。

そこからネットワークに情報が乗り、持ち主に位置を知らせてくれる。

このきの、とても優れていて、子供の見守りや迷子対策にも使われています。

探すネットワークと合わせて、AirTagは効果をさらにアップするわけですね。

AirTagの価格

エルメスバージョンもあるようですよ。、

AirTagは、犯罪に使えるのか

次のような声がありました。

綱が額人のパゥ具に忍ばせる、と言う物です。

ストーカーなどはすぐにこう言うことができると思ってニヤニヤするかもしれません。

でも、自分の知らないタグが近くにあると音で知らせてくれる機能があるとのことですので、それは防止できるでしょう。

ワンクリックお願いします

コメントを残す

こちらから,他のトレンドニュースサイトへ
人気ブログランキング